Opera Mini Ver8.0.1: データ通信量を最大90%圧縮できるブラウザ! ウェブ閲覧を快適にする機能も搭載。

PC で人気のウェブブラウザ『Opera』の iOS 版アプリ、Opera Mini を紹介します。

Opera Mini
Opera Mini


Opera Mini はサーバでウェブページを圧縮し、それを iPhone で受け取って表示するブラウザです。2つの圧縮モードがあり、データ通信量を最大 90% 圧縮できます。通信速度が遅いときに使うと、ウェブページの読み込み完了までの時間を短縮できます。

ほかにも、ブラウジングを快適にする機能も用意されています。お気に入りのサイトを登録する【スピードダイヤル】や、人気サイトの新着記事をチェックできる【ディスカバー】などを使えるほか、QR コードの生成と読み取りもできます。

ウェブページの圧縮機能

Opera Mini
圧縮機能には2つのモードが用意されています。Opera Mini モードで最大 90%、Opera Turbo モードで最大 50% 圧縮できます。無効にすることもできます。


Opera Mini
画像の圧縮レベルは3段階で調整できます。画像を読み込まない設定もあります。


Opera Mini モードでは、シングルコラムも利用できます。オンにすると、PC 向けウェブサイトを iPhone で見やすいように変換します。

Opera Mini
Opera Mini


Opera Mini
圧縮率は、Opera メニューからすぐに確認できます。


多機能なホーム画面

Opera Mini のホーム画面(新規タブ画面)では、履歴・スピードダイヤル・ディスカバー機能を利用できます。

Opera Mini


スピードダイヤル

左:よくアクセスするウェブサイトを登録できます。ブックマークもここから開きます。
右:画面を下にスライドすると、アドレスバーに入力できる状態になります。

Opera Mini
Opera Mini


ディスカバー

左:人気や評価の高いウェブサイトの新着記事をチェックできます。
右:表示する記事のカテゴリを設定できます。

Opera Mini
Opera Mini


ブラウジングを快適にする機能

左:検索するサービスを選べるほか、QR コードも読み取れます。
右:スライダーでアドレスバーのカーソルを操作できます。

Opera Mini
Opera Mini


Opera Mini
Opera メニューの【共有】で、ウェブページの QR コードを生成できます。


iPadにも対応

Opera Mini は iPhone と iPad の両方に対応しています。iPad でも、ウェブページの圧縮機能や QR コード機能を利用できます。

Opera Mini


Opera Mini の最大の特徴は、状況に合わせて細かく設定できる圧縮機能です。パケット通信量を減らせるうえに、通信速度が遅いときにはウェブページの読み込み速度を向上させられます。

さらにクイックダイヤルや QR コード機能、アドレスバーのカーソルを操作できる機能など、操作を快適にする機能も用意されているので、Safari よりも効率良くブラウジングできます。ぜひお試しください。

Opera Mini モバイル Web ブラウザ ・開発: Opera Software ASA
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 12.0 MB
・バージョン: 8.0.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!