【iOS 8】情報量が増えた天気アプリをチェックしよう。降水確率や湿度が1画面で丸わかり!

iOS 8になって進化した天気アプリをチェックしよう!

2014-10-14tenki - 8


iOS 7からiOS 8になって、機能が増えた標準アプリはたくさんありますよね。じつは、天気アプリもひそかにグレードアップしているのです。

パッと見はiOS 7のときと同じですが、確認できる情報が増えていますよ。それでは、さっそく紹介します。

iOS 8では天気アプリが進化しているぞ!

2014-10-14tenki - 1
まずは、iOS 7の天気アプリを見てみましょう。

地域と気温、天気がわかるところはおなじみですね。


そして、こちらがiOS 8の天気アプリ画面です。週間の天気予報を下にスクロールすると・・・日の出や日の入、降水確率や湿度などの詳細情報が追加されています!

「洗濯物を外に干しても良いか」や「どんな服を着るべきか」を、もっと決めやすくなりますね。これはうれしい変更です。

2014-10-14tenki - 2
2014-10-14tenki - 3


情報元が変更された!

iOS 8の天気アプリで情報量が増えた理由は、情報元が『Yahoo!』から『The Weather Channel』に変更されたからだと考えられます。

情報元は、画面左下のロゴをタップすれば確認できます。iOS 7では、Yahoo!です。

2014-10-14tenki - 4
2014-10-14tenki - 5


iOS 8では、The Weather Channelになっています。

2014-10-14tenki - 6
2014-10-14tenki - 7


標準の天気アプリは情報量が足りなくて使っていなかった・・・という方は、この機会にチェックしてみてください。

iOS 8まとめ

そのほかにiOS 8で進化した標準アプリはここからチェック!

【iOS 8まとめ】毎日つかうアプリが新しくなったiOS 8の使い方まとめ!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!