【App Store】無料アプリのダウンロードボタンが「入手」に変更される

アプリ内課金問題への対策でしょうか。

App Store



App Store で無料アプリをダウンロードするボタンが【無料】から【入手】に変わりました。一方でアプリ内課金が行えるアプリには、これまで通り【App 内課金あり】との注意書きが載っています。

変更の背景には、無料アプリとアプリ内課金への批判があると考えられます。無料アプリにはすべての機能を使うためにアプリ内課金が必要なものもあり、【無料】ではユーザーに誤解を与える可能性もありました。

ただ、アプリ内課金の有無にかかわらず、すべての無料アプリが【入手】となっているため、アプリ内課金への注意を促す効果のほどは不明です。

Apple はアプリ内課金への批判に応じ、App Store の表記や iOS の仕様を変更してきました。iOS 7.1 では初回課金時に警告を表示するようになり、iOS 7.1.1 では App Store のランキングでアプリ内課金の有無が分かるようになりました。

お子さんが iPhone/iPad を使う際にはアプリ内課金を制限できます。以下の記事で設定方法を紹介していますので、ぜひご覧ください。
「アプリ内課金」注意画面が登場。購入を制限する方法とは?

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!