[レビュー]『Pluggy Lock』はバンパーで使えるのか!?

5種類の人気のバンパーで『Pluggy Lock』が使えるのか試してみました。

Pluggy Lock Bumper - 01


イヤホンジャックストラップホール Pluggy Lock』は、イヤホンジャックに挿すことで、ストラップホールが作れるアクセサリーです。

ケースにストラップホールが付いていなくても、ネックストラップフィンガーリング ストラップが付けられる優れモノなんです。

そんなPluggy Lockについて、読者の方からこんな質問を頂きました。

Pluggy Lockは、バンパーで使えますか?」

これは確かに気になります。バンパーはイヤホンジャック周りが狭いモノが多いので、買う前に使えるか知りたいですもんね。そこでとくに問合せが多かった5種類のバンパーで、Pluggy Lockが使えるのか試してみました!

Pluggy Lockはバンパーで使えるのか動画で試してみました

Pluggy Lockが使えるのはどういう場合?

Pluggy Lockは、イヤホンジャックにピンが全部隠れるまで差し込み、回すことで取り付けられます。

なので、ピンが完全に隠れるまで差し込めないケースは使用できません。

Pluggy Lockの正しい付け方についてはこちらの記事をチェックしてください。
[レビュー] 『Pluggy Lock』をiPhoneに正しく取り付ける方法

Pluggy Lock Bumper - 02


マミルトンのゴールドバンパーの場合

早くも大人気な『マミルトンのゴールドバンパー』でPluggy Lockが使えるか試してみましょう。

マミルトンのゴールドバンパー for iPhone 6

Pluggy Lock Bumper - 17


ケースのイヤホンジャック穴はタイトに開けられていてます。イヤホンジャック穴の周りが狭いとPluggy Lockがしっかりと差し込めない可能性が高いです。

Pluggy Lock Bumper - 18


やはり、バンパーにぶつかってしまいました。この場合、Pluggy Lockのゴム部分がイヤホンジャックに入りきっていないので、いくら回しても中のゴムが膨らみません。

Pluggy Lock Bumper - 19


結果

マミルトンのゴールドバンパー for iPhone 6では、 Pluggy Lockが使えませんでした。

CLEAVE アルミニウムバンパーの場合

それでは、『CLEAVE アルミニウムバンパー ゴールド iPhone 6 Plus』ではどうでしょうか。

Pluggy Lock Bumper - 03


こちらもイヤホンジャック穴は小さめです。

Pluggy Lock Bumper - 04


バンパーには厚みがあるのでPluggy Lockは、iPhoneに少ししか挿さっていません。

Pluggy Lock Bumper - 05


結果

CLEAVE アルミニウムバンパーでは、Pluggy Lockが使えませんでした。

ibacks Essenceの場合

ibacks Essence iPhone 6バンパー』ではどうでしょうか?薄いバンパーなので、なんとなくイケる気がします。

工具不要の超軽量7gアルミバンパー ibacks Essence iPhone 6バンパー

Pluggy Lock Bumper - 06


ですが今までのバンパー以上にイヤホンジャック穴がタイトです。なのでバンパー自体がすごく薄いとはいえ、Pluggy LockはiPhoneに挿さりませんでした。

Pluggy Lock Bumper - 07


Pluggy Lockを何回まわしてみましたが、やはりしっかりと固定されませんでした。

Pluggy Lock Bumper - 08


結果

ibacks Essence iPhone 6バンパーでは、Pluggy Lockが使えませんでした。

ODOYO BLADE EDGEの場合

では、2重構造のバンパー、ODOYO BLADE EDGEではどうでしょうか。

工具不要 かんたん着脱バンパー ODOYO BLADE EDGE

Pluggy Lock Bumper - 09


こちらもイヤホンジャック穴はタイトにあけられています。

Pluggy Lock Bumper - 10


2重構造ということもありイヤホンジャックまでの距離があるので、Pluggy LockはiPhoneに挿さりませんでした。

Pluggy Lock Bumper - 11


結果

ODOYO BLADE EDGEでは、Pluggy Lockが使えませんでした。

ギルドデザイン ソリッドバンパーの場合

強度が高い日本製のジュラルミンA2017Sを使用したギルドデザインのiPhoneケース、『ギルドデザイン ソリッド iPhone 6』です。

ギルドデザイン ソリッドは、背面が覆われているのでバンパーではないのですが、ギルドデザイン ソリッドバンパーと、ドッグ部分の寸法が同じなんです。※メーカーに確認済。

Pluggy Lock Bumper - 22


なので、ギルドデザイン ソリッドPluggy Lockが使えれば、ギルドデザイン ソリッドバンパーでもPluggy Lockが使えます。

張り切って試してみましょう!

ギルドデザイン ソリッド iPhone 6

Pluggy Lock Bumper - 12


ギルドデザイン ソリッドのドッグ部分は広く開いています。これはかなり期待できます。

Pluggy Lock Bumper - 13


Pluggy Lockが問題なく挿さりました!おおお。

iPhone自体の丸みも手伝って、Pluggy Lockのピンはしっかり根元まで挿さりました!

Pluggy Lock Bumper - 14


Pluggy Lock取り付け後、吊り下げてみてもiPhoneは落下しませんでした。

Pluggy Lock Bumper - 15


結果

ギルドデザイン ソリッドでは、Pluggy Lockが使えました。なので、ギルドデザイン ソリッドバンパーでもPluggy Lockが使えます!

バンパーではPluggy Lockが使えないものが多い

いかがでしたか?iPhoneをタイトに守るかっこいいバンパーは、その正確無比な仕上がりのためPluggy Lockが使えないものが多い。という結果でした。

Pluggy Lockが使えるかどうかの基準は、イヤホンジャック回りが広いかどうかと、iPhoneまでの距離(バンパーの厚さ)です。

ほかのケースでもPluggy Lockが使えるかどうか、引き続き試していくので各ケースのレビューをチェックしてください。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

一緒に使える落下防止ストラップ

aisyou - 19

ハンドストラップを付けておけば、万が一iPhoneが手から滑り落ちても安心です。

汚れが気になったときに画面をサッと拭ける液晶クリーナーも付いてるぞ!

キャンパス素材ハンドストラップ レッド


aisyou - 18

使いたい長さにビヨーンと伸ばせるコードリール付きネックストラップです。

ストラップを首にかけたまま、好きな長さに伸ばしてiPhoneを操作できますよ!

のびるストラップ 落下防止クリップ付き ブラック


オススメアクセサリー

Pluggy Lock Bumper - 20 ジュラルミン製のバンパーです。

側面に空いたスリットがかっこいい!

ギルドデザイン ソリッドバンパー シャンパンゴールド iPhone 6バンパー


iPhone 6、iPhone 6 Plusアクセサリーまとめ

ハードケース、バンパー、カードが入るケース・・・
ケースのタイプで探せるアクセサリーまとめはこちら!
iPhone 6、iPhone 6 Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

iPhoneの落下防止アクセサリー

自分にピッタリな落下防止アクセサリーを見つけよう!
サイズが大きくなったiPhone 6を持ちやすくするアクセサリー3選!

イヤホンジャックに付けられる、落下防止アクセサリーと一緒に使いたいストラップホールアクセサリー。
[レビュー] 外れないイヤホンジャックアクセサリー『Pluggy Lock』の仕組みとは!?

iPhoneの液晶全面を保護

液晶全面カバーできる大人気の強化ガラス!
[レビュー] ベゼルまで守る『前面完全カバー強化ガラス Revolution Glass MASK iPhone 6/6 Plus』

曲面までカバーできる保護フィルムもあるぞ!
ケースつけない派のiPhone 6&6 Plusをフルカバーする全面保護フィルム『FLEXA』

動画でグッズレビューをチェックしてみよう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!