大晦日から元日の約1時間は「おめでとうコール・メール」をひかえよう。

年越しで通話や通信がしづらい状況になるかもしれません。

おめでとうコール・メール


(画像:電気通信事業者協会)

ドコモ・au・ソフトバンクなどの通信事業者が参加する『一般社団法人 電気通信事業者協会』が、年末年始のケータイやスマートフォン利用についてのお願いを公開しました。

大晦日から元日のおよそ30分間は、「あけましておめでとう」の電話やメールが増えるために通話や通信がしづらい状況になるとの予想から、「おめでとうコール・メール」をなるべく控えるように求めています。

午前0時半から午前1時までの約30分間は、メールの配信が遅れる可能性もあります。

通話や通信が集中した場合には、ケータイやスマートフォンの利用が一時的に制限されることもあるので注意が必要です。

ドコモは『iモードメール』・『spモードメール』・『ドコモメール』の送信状況を公開中です。メールを送っても相手に届かないときは、以下のウェブページで確認してみましょう。

メール送信状況 | NTTドコモ

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!