公衆無線LANへの自動接続を止められる『WiFi Priority』が超便利!

外出先でiPhoneを使っていると、公衆無線LANへ勝手に繋がって困った。そんな経験はありませんか?

WiFi Priority


今回紹介するWiFi Priorityを使えば、Wi-Fiをオンにしたままでも指定した無線LANに自動接続しなくなります。接続したいときは設定アプリから選ぶだけ!

使い方をサクッと紹介します!

自動接続したくないWi-Fiを登録

自動接続したくないWi-Fiの名前(SSID)を登録しましょう。パスワードは必要ありません(左)。つぎにWi-Fiのセキュリティに関する情報を登録します(右)。

WiFi Priority
WiFi Priority


WiFi Priority
これで情報の入力は完了です。【Tap to install】をタップしましょう。


WiFi Priority
設定アプリに切り替わり、先ほど作成した設定をiOSにインストールする画面になります。iPhoneのパスコードを入力し、インストールを行います。


Wi-Fiをいったんオフにする

WiFi Priority
インストールを終えるとWiFi Priorityに戻ります。

すると「設定を反映するためにWi-Fiをいったんオフにしてください」と表示されます。指示に従い、Wi-Fiをオフにしてオンに戻してみてください。


設定を確認する

これで登録したWi-Fiには自動的に接続されなくなります。設定を確認してみましょう。

設定アプリの【Wi-Fi】を開きます。

WiFi Priority


先ほど登録したWi-Fiに接続できるエリアにいる場合、名前(SSID)が表示されます。その右端にある【i】ボタンをタップしましょう。

WiFi Priority


すると、通常は表示されない【自動接続】という項目が追加されています。これをオンに戻せば、これまで通りに自動接続します。

WiFi Priority


Wi-Fiは常にオンで公衆無線LANを使うときもあるけれど、普段は3G/LTE回線を使いたい場合に便利ですね!

WiFi Priority ・販売元: Florian Schimanke
・掲載時のDL価格: ¥100
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 1.1 MB
・バージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!