7月1日リリースと噂の『iOS 8.4』はココが変わる!

ミュージックアプリと新しい音楽サービスの連携に注目です。

iOS 8.4


日本時間7月1日午前0時リリースと噂される『iOS 8.4』。すでに開発者向けに開発途上のバージョンが公開されています。

これまでに報じられた、iOS 8.4の変更点をまとめました。

目玉はミュージックアプリ

新しい音楽サービス『Apple Music』に対応する形で、ミュージックアプリのデザインと機能が一新されます。

たとえば、画面の下にあるタブが【My Music】・【Playlists】・【Radio】にまとめられます。画面を左右にスワイプすれば、これらのタブを切り替えられます。

iOS 8.4


(画像:Mac Rumors)

My Musicでは最近追加した曲をアートワークとともに表示。その下にはアルファベット順にアーティストをリストアップします。これまであったジャンル・アルバムなどの機能には【Artists】をタップするとアクセスできます。

iOS 8.4


(画像:9to5Mac)

ミニプレイヤーが登場

ミュージックアプリの画面下部に、つねに表示されるコントローラです。

再生中の曲の名前・アーティスト名・アルバム名を表示するほか、ここから再生・一時停止の切り替えができます。タップすると再生中の曲の詳細画面に移ります。

iOS 8.4


(9to5Mac掲載の画像より抜粋)

オーディオブックはiBooksアプリで管理

オーディオブックとは、本を朗読した音声データです。日本のiTunes Storeでも、さまざまなタイトルが販売されています。

このオーディオブックは、これまでミュージックアプリで管理していました。iOS 8.4からはiBooksアプリでの管理に切り替わります。

ニュースサイト『Mac Rumors』によると、チャプターの選択も可能になるそうです。

Apple Musicとは?

3つの機能を持つ、新しい音楽サービスです。

iOS 8.4


(画像:Apple)

1つ目は『Apple Music』。
3,000万曲以上からなるカタログから好きな曲を聴けるだけでなく、音楽のエキスパートがユーザーの好みに合わせたプレイリストを提供してくれます。

2つ目は『Apple Music Radio』。
『Beats 1』というインターネットラジオ局はZane Lowe氏・Ebro Darden氏・Julie Adenuga氏などがDJを務め、音楽・独占インタビュー・ゲストによる番組・音楽の話題を24時間無休で配信します。
そのほかのラジオ局も世界有数のDJたちが編成。ロックからクラシックまで、幅広いジャンルのラジオ局がそろうとしています。有料会員なら曲のスキップができます。

3つ目は『Apple Music Connect』。
アーティストとファンがつながるSNSです。歌詞・バックステージの写真やビデオ・最新曲などがアーティストからファンに向けて共有されます。
ファンがアーティストへコメントを送ると、アーティストがそれに答えるといったコミュニケーションもできます。

日本でこれらのサービスが使えるのかは分かっていません。アメリカでは日本時間の7月1日からサービスが始まる予定です。

メッセージアプリのバグ修正

iOS 8.4では、特定の文字列を受け取るとiPhoneが再起動する問題が修正されます。
この問題については、すでに一時的な対処法が公開されています。
ある文字を含むメッセージ受信でiOSがクラッシュ。対処法が公開される。

このほかにもさまざまな問題が修正されているものと思われます。

事前情報の通り、日本時間の7月1日にリリースされるのでしょうか。日本でのApple Musicのサービス開始も楽しみですね!

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!