【iOS 9】写真アプリに自撮りとスクショを自動で分ける機能が登場

不要なスクリーンショットをすぐ探せます。

iOS 9


秋にリリースされる予定の『iOS 9』ですが、開発途上のバージョンである『iOS 9 beta 3』が開発者に向けて公開されました。

このベータ版iOS 9の写真アプリに、いわゆる「自撮り」写真とスクリーンショットを自動で分類するフォルダが追加されたとニュースサイト『Mac Rumors』が報じています。

アルバムに2つのフォルダを追加

写真アプリの【アルバム】タブには「カメラロール」や「最近削除した項目」などが並んでいますが、iOS 9ではそこに「Selfies(自撮り)」と「Screenshots(スクリーンショット)」が追加されるようです。

iOS 9


(画像:Mac Rumors)

自撮りフォルダに分類されるのはFaceTimeカメラ(前側のカメラ)で撮った写真で、スクリーンショットフォルダに分類されるのは電源ボタンとホームボタンを同時に押して撮った画像です。

この2つのフォルダが追加されたことで、目的の写真をより探しやすくなり、不要な写真の整理もカンタンになりそうですね。

いますぐスクリーンショットを整理したい!

そんなときはアプリ『Screeny』を使ってみましょう。カメラロールのスクリーンショットだけを削除できます。
カメラロールに溜まったスクショが邪魔…『Screeny』で一括削除!

Mac Rumorsでは、ほかにもiOS 9の新機能が紹介されています。ぜひご覧ください。

参考

iOS 9 Beta 3 Tidbits: 4×4 Folders on iPad, Screenshot and Selfie Folders, News App, and More – Mac Rumors

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!