【iOS 10の噂】Siriが留守電も管理? 録音メッセージのテキスト化も

はやくもiOS 10の噂が流れています。

VoLTE


Appleの従業員がSiriと連携する留守番電話サービスをテストしている、とウェブサイト『Business Insider』が報じています。

SiriはiOSの音声アシスタント機能です。ユーザーが話しかけた内容を理解して、予定や天気を確認したりメッセージを送ったりということができます。

このSiriが留守番電話サービスと連携すると、どんなことができるのでしょうか?

着信に対応・留守録をテキスト化

iCloudと連携することから、サービス名は『iCloudボイスメール』になるようです。

Siri


電話に出られないときは、位置情報などのiPhoneの状況を元にSiriが応対します。

さらに録音した伝言メッセージをSiriがテキストにおこします。メッセージを1つ1つ聞く必要がなくなるだけでなく、検索もできるようになるかもしれません。

2016年にリリース?

Business Insiderによると、iCloudボイスメールは2016年にリリースされるようです。iOS 10の新機能として盛り込まれるものと思われます。

気になるのは、日本でも使えるようになるのか。Siriは日本語に対応し、音声入力も可能です。

ただ、iPhoneが圏外にあるときは携帯電話会社の留守番電話サービスで対応することになるため、Appleは携帯電話会社との連携が必要になりそうです。有料の留守番電話サービスもあるため、導入がスムーズにいくかはわかりません。

iOS 10の発表まであと10ヶ月近くあることから、iCloudボイスメールが実際にiOS 10に組み込まれるかも不明です。かなり便利なサービスであるだけに期待はふくらみますね。

参考

Apple is preparing to launch a voicemail service that will use Siri to transcribe your messages | Business Insider

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!