【仰天】『LINE』のバグ発見で最大250万円貰えるけど・・・夏休みにどう?

これバグかな?なんて思って報告したら一攫千金のチャンス!

20150811_bomber_bomber - 1


LINE』の脆弱性(バグ)を報告すると、その内容に応じて報奨金が支払われるプログラム「LINE Bug Bounty Program」が実施されます。

開発者たちも脆弱性の発見に努めていますが、普段から『LINE』を利用している一般の人々に発見してもらおうと募集を始めたそうです。

LINE Bug Bounty Program

本プログラムは『LINE』に存在する脆弱性を早期発見し、利用者に安全なサービスを提供することが目的とのこと。

報告受付期間

2015年8月24日(午前12時)から9月23日(午前12時)まで

報奨金

報奨金は報告いただく内容によって異なっています。
1件あたり最低500ドル(約6万円)から最大2万ドル(約250万円)とのこと。

脆弱性に対して一般公募し報奨金を支払う取り組みは、国内外の大手IT企業が先進的な取り組みとして実施しています。それにより、脆弱性の早期発見・対応・より安全なサービス提供につながっているそうだ。

お盆でゆったりするのもいいけど、こんな一攫千金を狙ってみるのもいいかもしれませんね。

公式情報はこちら→ LINE Bug Bounty

LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 5.2.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!