【iOS 9】メールアプリでPDFに注釈・iCloud Driveからファイル添付

アップデートする前にバックアップを取っておきましょう。
【2015年版】iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法

———

書類のチェックがはかどります。

iOS 9
iOS 9


iOS 9ではメールアプリも進化しました。送られてきた写真やPDFファイルに、線や文字を書き込んで送り返せる『マークアップ』機能が追加されています。

さらにメールに添付するファイルを『iCloud Drive』から選べるようになりました。iCloud Driveには様々な対応アプリから書類を保存できます。

2つの新機能をくわしく見ていきましょう。

マークアップの使い方

iOS 9
メールに添付されているPDFファイルを開き、画面右下にある道具箱のボタンをタップしましょう。

返信メールが作成され、コピーした添付ファイルに書き込むことになります。


写真に書き込むときは、写真を長押ししてメニューを表示します。そのなかにある【マークアップして返信】をタップしましょう。

iOS 9


iOS 9
線や文字を自由に書き込めるほか、注目してほしい部分を拡大して表示する虫眼鏡も置けます。

保存するときは画面右上の【完了】をタップしましょう。


iCloud Driveからファイルを添付

iOS 9
メールを作成する際に、選択・コピーなどを行うメニューを表示します。メニューの上を右から左にスライドし、表示を切り替えましょう。


メニューが【添付ファイルを追加】になったらタップします。

iOS 9


iOS 9
添付するファイルをiCloud Driveから選べます。


マークアップ機能はビジネスシーンに限らず、写真の気になる部分や名前が分からないものを指し示すなど、言葉では伝わりにくい部分を補う道具としても活用できそうです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!