【iOS 9】3G/LTEのデータ通信量が増えた原因はWi-Fiアシストかも

新機能が思わぬトラブルの元に。

iOS 8


iOS 9で追加された『Wi-Fiアシスト』は、接続しているWi-Fiの電波状況が悪いとき、自動的に3G/LTE回線で通信してくれる機能です。

この機能がユーザーの予想以上に働いてしまい、Wi-Fiを使っていたはずなのに3G/LTE回線でのデータ通信量が増えてしまった、という事例が報告されています。

Wi-Fiに繋がっているときは常にWi-Fiで通信したい場合、どうすればよいのでしょうか。この問題は設定を変えることで解決できます。

以下のページではデータ通信量を節約する、ほかの設定もご紹介しています。
iPhoneの通信量を減らして3G/LTEの速度制限を防ぐ方法

Wi-Fiアシストをオフにしよう

設定アプリの【モバイルデータ通信】を開きましょう。

設定


ページの一番下にある「Wi-Fiアシスト」をオフにしましょう。この機能は最初からオンになっています。

iOS 9


これで設定完了です。

Wi-Fiに繋がっているときは常にWi-Fiを使うので、電波状況が悪くなれば通信速度が遅くなったり、繋がりにくくなったりします。状況に合わせ、Wi-Fiと3G/LTE回線を使い分けるようにしましょう。

参考

PSA: Keep an eye on your mobile data if you ever use poor-quality WiFi | 9to5Mac

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!