生きるか、死ぬか。アナタは極限の2択を間違えない自信がありますか?

みなさんは、2つの選択を間違えない自信がありますか?

2015-1001_OreToOniyome - 01


決して怒らせてはいけないもの・・・それは、鬼嫁。
鬼嫁との会話のなかでは、最膳の返答を返す必要がありますよね。

どう答えたら相手がイラっとしないのか、『俺と鬼嫁の100日戦記』で鍛えましょう。
もし返答を間違えて、相手をイラッとさせてしまうと・・・お、恐ろしいことになってしまいますよ。

会話で鬼嫁の機嫌を取ろう

1日目

おれ「ねぇねぇ?」
鬼嫁「ん?」
おれ「大事な話があるんだ!」
鬼嫁「なに?お小遣いの引き上げなら交渉したって無駄よ。」

まだなにも言ってないのに、ちょっとイラッとしてますね。怖い怖い。
怒らせないようにしないと。

2015-1001_OreToOniyome - 04
2015-1001_OreToOniyome - 05


おれ「いつもありがとう。・・・あああ愛しているよ!」
鬼嫁「・・・何いきなり?」

愛していると伝えるとちょっと嬉しそうですね。よかった。
可愛らしい一面もあるようです。

2015-1001_OreToOniyome - 06
2015-1001_OreToOniyome - 07


2015-1001_OreToOniyome - 08
ここで選択肢が出てきました。

「追い打ちをかける!」
「この辺にしておく!」


「この辺にしておく!」だと、それだけなの?と言われると思うので、「追い打ちをかける!」を選択してもっと褒めてみます。

・・・すると、僕の思いとは別に鬼嫁から突然パンチが飛んできました。

2015-1001_OreToOniyome - 09
2015-1001_OreToOniyome - 10


鬼嫁「なんかやましいことでもしたんでしょ?」
鬼嫁「まさか不倫とか・・・?」

そっちかぁぁああ!褒め過ぎても怪しまれてしまうんですね・・・。

2015-1001_OreToOniyome - 11
2015-1001_OreToOniyome - 12


こうなったらもう鬼嫁を誰にも止められないようです。

2015-1001_OreToOniyome - 13
2015-1001_OreToOniyome - 14


ハイキックを食らって、ゲームオーバーとなってしまいました。
1日目すら無事に過ごせなかった・・・。

2日目

1日目を再びやり直して、2日目を過ごしてみます。

朝、仕事に行く時のやり取りが始まりました。

鬼嫁「いってらっしゃ・・・」
鬼嫁「・・・ってお弁当忘れてるよ!!」

2015-1001_OreToOniyome - 15
2015-1001_OreToOniyome - 16


おれ「(ヤベッ!今日は同僚とラーメン食べる約束してたんだった・・・)」

「忘れるところだった!ありがとう!」
「ごめん!今日はいらないんだ!」

この2択は・・・どう考えても「忘れるところだった!ありがとう!」ですよね。
ということで、こちらを選択。

2015-1001_OreToOniyome - 17
2015-1001_OreToOniyome - 18


2015-1001_OreToOniyome - 19
よし、上機嫌だ。


ただ、本人は相当無理をしないといけませんね。
ラーメンと弁当って・・・、胃袋が壊れてしまいそうですね。

2015-1001_OreToOniyome - 20
2015-1001_OreToOniyome - 21


みなさんも、この鬼嫁を怒らせないように会話をして、何日目まで過ごせるかやってみてください。
今後の参考になるかもしれませんよ・・・。

俺と鬼嫁の100日戦記 ・販売元: WHRP,INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 27.6 MB
・バージョン: 1.0.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!