Firefox開発元がコンテンツブロッカー公開、プライバシー保護を重視

ウェブブラウザ『Firefox』の開発元であるMozillaが、iPhone・iPad向けのコンテンツブロッカー『Focus』を公開しました。

Focus


(© Mozilla and its contributors)

コンテンツブロッカーとは、アプリが指定する要素をSafariが読み込まないように制御できる機能。iOS 9で追加されました。

Focusはプライバシーの保護を重視したコンテンツブロッカーで、Safariが広告などに含まれるユーザー追跡スクリプトを読み込まないようになります。

Focusの使い方

まずはFocusを開き、画面を左にスライドします(左)。設定を促す画面になったら、アプリを閉じましょう(右)。

Focus
Focus


(© Mozilla and its contributors)

設定アプリを開きます。

設定


【Safari】→【コンテンツブロッカー】の順に開き、Focusをオンに切り替えます。

設定


Focus
Focusに戻り、画面を左にスライドすると設定完了になります。

最後に【Get Started】をタップしましょう。

(© Mozilla and its contributors)


Focus
最後にブロックするコンテンツを選びます。

ブロックリストはバックグラウンドで自動更新されます。

(© Mozilla and its contributors)


ブロックするコンテンツの種類

Focusの主な機能は、ユーザーを追跡するスクリプトをブロックすること。広告を非表示にすることがメインではないようです。

これらのスクリプトをブロックするためにウェブサービス『Disconnect』と連携。独自の基準によってブロックするもの・ブロックしないものを決めています。

基準やリストは以下のウェブページで公開されています。

Online Privacy & Security – Disconnect

ウェブページ上の動画などもブロック可能

「Block other content trackers」をオンにすると、ユーザーの追跡機能を備えたウェブページ上の動画・スライドショー、添付されたニュース記事をブロックします。

Focus


(© Mozilla and its contributors)

オンにするとウェブページの動作や表示に不具合が起こる可能性もあります。

不具合が起きたときは、Safariの再読み込みボタンを長押し→【コンテンツブロッカーなしで再読み込み】を使ってみましょう。

コンテンツブロッカー


「Block Web fonts」とは?

この機能をオンにすると、サーバからフォントをダウンロードしなくなるのでウェブページの表示が速くなる場合があります。

Focus


(© Mozilla and its contributors)

参考

Focus by Firefox - content blocking & tracking protection for your mobile browser ・販売元: Mozilla Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 2.9 MB
・バージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!