黄ばみ知らずのブルーライトカット強化ガラス [レビュー]【追記あり】

追記(2016年1月27日10時):『ブルーライトカット強化ガラス ドラゴントレイルX』と『覗き見防止強化ガラス ドラゴントレイルX』について接着面の糊の仕様上、タッチペンの感度が著しく低下するため、一旦販売を停止しております。ご了承ください。

photo_blue_dragon - 1


ゲームや動画試聴に夢中になっていて、気づいた時には目が痛くなっていた…。なんてことありませんか?

それは液晶が発するブルーライトが原因。青い光を抑えるPC用のメガネなども発売されていますよね。

そこで使ってほしいのが人気の液晶保護ガラス『ドラゴントレイルX』のブルーライトカット機能付き。詳しくみていきましょう!

ブルーライトを防ぐための色付き

ブルーライトカット保護ガラスを開封してまず目につくのが、その色味。

通常の保護ガラスと異なり、ブルーライトを抑えるために「黄ばみ」のような色が付いています。

photo_blue_dragon - 2


iPhoneに貼ると、どれくらい影響がでるのか気になりますよね。

貼ると色が変わるというけれど…?

素材の特性上、貼ったあとに下の画像のように「青っぽく見えることがある」という公式アナウンスが出ています。

photo_blue_dragon - 3


でも実際に貼ってみると、特に青みは気になりませんでした。蛍光灯など日常的に使う明かりの下では、そこまで色味の変化はないので安心ですね。

photo_blue_dragon - 4


色味は気にならないレベルの微々たる変化

電源を消した状態で色味が変わらなくても、実際に使うときはどれくらい色味がかわるのかが気になりますよね。

なので、ブルーライトカット機能付きの『ドラゴントレイルX』を付けたiPhoneと、何も付けていないiPhoneを同じ条件で比較してみました。

何も付けていない状態がこちら。

photo_blue_dragon - 5


そして、ドラゴントレイルXを貼ったiPhoneがこちら。

photo_blue_dragon - 6


撮影環境やiPhoneの輝度を揃えて検証したのですが、ドラゴントレイルXを付けた時のほうがほんの少しだけ暗めに見えます。

これは、しっかりとブルーライトがカットされている証拠。

とはいえ、ガラス単体で確認したときほど「黄ばみ」は無く、違和感ないのが不思議でしかたがない。

長時間ゲームをプレイする人はチェックしてください!

iPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーまとめ

ハードケース、バンパー、カードが入るケース・・・
ケースのタイプで探せるアクセサリーまとめはこちら!
iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!