Safariでウェブページを保存する方法

Safari


iPhoneは、インターネットにいつでもアクセスできるわけではありません。混雑した場所では繋がりにくくなり、屋内や地下は圏外であることも。

どうしても必要なウェブページがある時は、あらかじめiPhoneに保存しておきましょう。圏外でもチェックできます。

ウェブページを保存

Safariで保存したいウェブページを開き、ブックマークのボタンを長押ししましょう。

Safari


メニューの【リーディングリストに追加】をタップします。

Safari


しばらくするとウェブページの保存が完了します。

圏外・オフラインでも読める

保存したウェブページを開くには、ブックマークボタンをタップ。画面上にあるメガネのボタンをタップしましょう。リストに追加したウェブページが表示されます。

Safari


ご覧の通り、3G/LTE回線・Wi-Fi回線に繋がっていない状態でも、保存したウェブページを表示できます。ページの一番上にはページタイトル・ドメイン名が表示されます。

Safari


いらないウェブページは消す

ウェブページを保存すると、その分だけiPhoneの空き容量が減ります。必要ないウェブページがあれば、削除するようにしましょう。

Safari


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!