写真に文字やロゴの「透かし」を入れる方法

iWatermark


SNSに投稿する際、自分が撮った写真に「透かし」を入れてみませんか。写真にうっすらと入っている、半透明の文字やロゴのことです。

アカウント名を入れるとアピールになり、自分の写真であることを示す印にもなります。

透かしをつくる

今回は『iWatermark』というアプリで、透かしを入れる方法をご紹介します。

まずは写真に入れる透かしをつくりましょう。1度つくれば、何度でも使えます。

【テキスト透かしを作成】→【テキスト】で文字を入力して・・・

iWatermark


(© Plum Amazing)

iWatermark
【編集】→【位置】で透かしを入れる位置を決めます。

強調したいときは【サイズ】・【不透明度】・【効果】を調整してみましょう。

(© Plum Amazing)


【保存&終了】で保存しましょう。

iWatermark


(© Plum Amazing)

QRコードも

【グラフィック透かしを作成】ではQRコードの透かしもつくれます。URLを設定すれば・・・

iWatermark


(© Plum Amazing)

この通り、QRコードを透かしとして入れられます。

iWatermark


(© Plum Amazing)

まとめて加工できる

メニューの【写真を選択】で、加工したい写真をアプリに取り込みます。

iWatermark


(© Plum Amazing)

つぎに【○枚写真に透かしを入れる】で入れる透かしを決め、【保存】をタップ。

iWatermark


(© Plum Amazing)

【カメラロールへ保存】をタップします。

iWatermark


(© Plum Amazing)

【すべてをバッチ処理】で、取り込んだほかの写真もまとめて加工します。

iWatermark


(© Plum Amazing)

あとはカメラロールから加工した写真を選び、SNSに投稿するだけ! 手間がかからず、カンタンに使えるのでオススメです。

写真のサイズをまとめて縮小できるアプリと合わせてお使いください。
写真のサイズをまとめて変える方法

iWatermark ・販売元: Plum Amazing Software LLC
・掲載時のDL価格: ¥240
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 13.8 MB
・バージョン: 6.4
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!