3/9、日本で4年ぶりに「部分日食」が見られるそうです

160308_solorbook - 06


(© 株式会社ビクセン)

2016年3月9日は、全国で「部分日食」が見られます。

部分日食とは、太陽の一部が月に隠れる現象のことで、日本で日食が見られるのは2012年5月の金環日食以来です。

Solar Book』は、日食の見え方をシュミレーションできるアプリ。部分日食を見たい方は、このアプリで時間、方位、高度を確認しておきましょう。

観察する方は必ずこちらをご覧ください日食を観察する方法:国立天文台

見え方をシュミレーションできる『Solar Book』

『Solar Book』は、日食の見え方をシュミレーションできるアプリ。画面左上のボタンをタップすると、日食表示モードに変わります。

160308_solorbook - 03


日食表示モードでは、年月日を指定します。「2016年3月9日」にしてみましょう。

160308_solorbook - 05


する日食時の見え方をシュミレーションできます。3/9の11:00時点では、このように見えるようです。

160308_solorbook - 06


画面下のバーを移動させることで、見え方の変化を確認できます。

160308_solorbook - 07


また、右下のアイコンをタップすると、時間ごとの変化を1画面でチェックできます。時間、方位、高度を見て、日食を見られる位置を確認しましょう。

160308_solorbook - 08


指でスクロールして見え方を調べる「スクロールモード」と、iPhoneの動きに合わせて表示も動く「デバイス追従モード」の2種類があります。

日食表示モードでは、スクロールモードにすると位置を見失ってしまうため、デバイス追従モードがオススメです。

160308_solorbook - 10
160308_solorbook - 11


また、夜間モードに設定すると、目に刺激のない色の表示に変更できます。外に出て見る予定野方は夜間モードにしておきましょう。

160308_solorbook - 09


過去の日食も見られる

日付を指定すれば、過去の日食も見ることができます。

160308_solorbook - 15
160308_solorbook - 16


観察の前に必ず確認してください

太陽を直接観察すると目を傷つけてしまう場合があります。観察の際は、専用の「日食グラス」を使うなど、必ず安全な方法で観察しましょう。

国立天文台による安全な観察方法をご確認ください日食を観察する方法:国立天文台

正しい方法で部分日食を観察しよう

日本で日食が見られるのは約4年ぶり。

正しい方法を確認した上で、アプリを使って見える位置をチェックし、「部分日食」を見てみてはいかがでしょうか。

Solar Book ・販売元: Vixen Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 教育
・容量: 5.3 MB
・バージョン: 1.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!