【知らないとヤバい】アラームを掛けたのに寝坊した理由

先日起こった不思議な出来事について、実際に体験したGさんにお話を伺いました。

160419_iphonearam_add - 1


ーその出来事の概要を教えていただけますか。

Gさん
いやー、マジでビビリましたわ。

iPhoneにOSアップデートの通知が来まして。

iOS 9から導入された「夜間アップデート」ってあるじゃないですか。寝てる間にOSをアップデートしてくれるってやつ。

ーはい、ありますね。

Gさん
アップデートの通知が来たタイミングで「夜間アップデート」を許可したんです。
パスワードの入力を求められたので入力して、そのまま寝たんですよ。

160419_iphonearam_add - 2


ーええ、ここまでは何も気になるところはありませんが。

Gさん
それで、朝起きるじゃないですか。

いつも通りなら8時に起きるんだけど、iPhoneを見たら9時30分だったんです。

ーえっ・・・

Gさん
「夜間アップデート」をオンにしていたことによって、アラームが全てオフになってたんです・・・。

160314_iphonenebou - 3


ーそ、そんなことって。。

Gさん
僕もビックリでしたよ。マジで。

だって朝起きてiPhoneみたら、画面に「ようこそ」って出てるんですもん
なにが「ようこそ」だよって、ホンマ思いましたわ。

160419_iphonearam_add - 3


夜間アップデートには気をつけろ

Gさんは、最後にこうコメントしています。

「夜間アップデートは便利な機能ですが、アラームがオフになってしまうことは最初に知っておくべきでした。皆さんが、僕と同じ経験をしないことを願っています。」

160419_iphonearam_add - 4


※こちらは、iOS 9.3.1のアップデートで確認した現象です。

iPhoneを目覚ましとして使っている方は、夜間アップデートを利用しない、別の目覚ましを設置するなど、対処をしておきましょう。

関連記事はこちら → 【iOS 9】寝坊注意! 夜間アップデートを使うとアラームがオフになる

AppBankアプリのダウンロードはこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!