Safari以外のアプリでも広告ブロックする方法

Opera VPN


© 2016 SurfEasy Inc., an Opera company

Opera VPN』を使えば、Safari以外のアプリでも広告や、ユーザーの動向を調べる追跡スクリプトを無料でブロックできます。

どうやってブロックしているのか

Opera VPNを設定すると、iPhoneはOperaのサーバを介して通信します。

サーバは通信から広告や追跡スクリプトに関するデータを取り除くので、iPhoneで広告や追跡スクリプトが読み込まれることはありません。

コンテンツブロック機能はSafariに限られますが、Opera VPNはSafari以外のアプリにも適用されるので、たとえば『Chrome』でも広告をブロックできます。

Opera VPNの設定方法

画面の指示通りに操作していくと、途中でVPNプロファイルをインストールすることになるので【続ける】をタップ(左)。【Allow】をタップして許可します(右)。

Opera VPN
Opera VPN


© 2016 SurfEasy Inc., an Opera company

VPNプロファイルをインストールすると、iPhoneがOperaのサーバを介して通信するように設定が変わります。

その後も画面の指示通りに操作していき、最後に【オンにする】をタップすると、Operaのサーバに自動的に接続します。

Opera VPN


© 2016 SurfEasy Inc., an Opera company

接続が完了すると、画面左上に「VPN」というマークが表示されます。Safariなどのアプリを使い、広告がブロックされているかを確かめてみましょう。

Opera VPN


Operaのサーバにある、ブロック対象リストに含まれる広告がブロックされます。すべての広告・追跡スクリプトがブロックされるわけではありません。

うまく接続できないときは

「接続できませんでした」と表示されたときは【再試行】をタップしてみましょう。それでもOperaのサーバに接続できないときは【地域を選択】をタップします。

Opera VPN


© 2016 SurfEasy Inc., an Opera company

すると、接続できるOperaのサーバ(国)がいくつか表示されます。ひとまずカナダやシンガポールを選んで接続してみましょう。

Opera VPNのオン・オフを切り替える

Opera VPNを開き、【設定】タブをタップ。【Opera VPNを有効にする】のスイッチをタップするとオン・オフを切り替えられます。

Opera VPN


© 2016 SurfEasy Inc., an Opera company

通信速度が遅くなったときは

海外にあるOperaのサーバを介してアクセスしているので、3G・4G・LTE・Wi-Fi回線に限らず、通信速度が遅くなる傾向があるようです。

日本と物理的な距離が近いサーバ、例えばシンガポールを選ぶと多少は速くなるかもしれません。

画面右上のボタンをタップすると、サーバを変更できます。

Opera VPN


© 2016 SurfEasy Inc., an Opera company

プライバシー保護は大丈夫?

サービスを提供する企業によると、Opera VPNは個人を特定できる情報を収集しません。

Operaのサーバを介してやり取りするデータの中に、暗号化されておらず、個人を特定できそうな情報が含まれていたときは、プログラムが識別して自動的に削除します。

ただし、Opera VPNの利用状況は匿名化され、マーケティングに活用されます。今後は広告を導入することも検討しているそうです。

心配な場合は、たとえば調べ物をする際はOpera VPNをオン、ウェブサイトにログインする・買い物をするときはオフにする、という使い方も考えられます。

参考

You get a VPN, you get a VPN – everyone gets a VPN! – SurfEasy

Opera VPN: 無料で無制限の広告ブロック VPN ・販売元: Opera Software ASA
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 24.0 MB
・バージョン: 1.0.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!