Twitterの「誤爆」を防止する方法

「裏垢用のツイートを本垢でつぶやいちゃった!」そんな経験はありませんか?

tweetdeck7


© 2015 Twitter Inc.

仕事用のアカウントでプライベート用のツイートをしてしまったりすると、自分が恥ずかしいだけでなく、仕事にも影響を与えて大変なことになってしまう可能性もありますよね。

TweetDeck』を使えば、Twitterでの「誤爆」を防止することができます!

(『TweetDeck』は、Mac用アプリかブラウザで使用できるサービスです。)

『TweetDeck』って何?

複数のアカウントを登録しておくことで、アカウントを切り替えてすぐに投稿できるPC用のTwitterクライアントアプリです。

複数のアカウントを持っている人にとって非常に便利なアプリです。ただし、その分「誤爆」のリスクも高くなるんですよね。

tweetdeck_top3


ツイートの「誤爆」を防止する方法

『TweetDeck』の左メニューから【Accounts】のタブを開き、【Confirmation step】をオンにします。

tweetdeck2


すると、新しいツイートをするときに、【Ready to Tweet?】という項目が現れるようになります。

この項目にチェックを入れていない状態だと【Tweet】ボタンがグレーアウトしたままで、ツイートできません。

tweetdeck3


ツイートするアカウントのアイコンを確認し、【Ready to Tweet?】のチェックを入れましょう。

グレーアウトが外れてツイートできるようになりました。

tweetdeck4


ツイートの前にワンクッションあると、「誤爆」してしまう可能性が減りそうですね。

Mac用アプリ『TweetDeck』のダウンロードはこちら

TweetDeck by Twitter

スマホでTwitterを使うなら公式アプリがオススメ!

Twitter ・販売元: Twitter, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ニュース
・容量: 68.8 MB
・バージョン: 6.55
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!