写真に「ここを見て!」と矢印を挿入できるアプリ

Annotable


© 2016 Moke LLC 以下同じ

写真のどこに注目してほしいかを相手に分かりやすく伝えるなら、無料の注釈アプリ『Annotable』を使いましょう。

矢印を描く

写真をAnnotableで開いたら、右下のボタンで矢印ツールを選びます。

Annotable


画面をタップし、そのまま指を動かすと矢印を描けます。

Annotable


線をもっと強調したいときは白いラインで囲みましょう。

画面左下の赤色のボタンをタップし、囲む線の太さを選びます。矢印そのものの太さも指定できます。

Annotable


太さを変えると、矢印がより見やすくなりました。

Annotable


描いたものを消す

間違って描いてしまったときは、消したいものをタップして選択。さらに画面下の【Delete】をタップすると消せます。

Annotable


写真を保存する

画面右上のボタンをタップし、【Save Image】でカメラロールに保存できます。

Annotable


無料で使えるツール

Annotableには矢印のほかにもツールが用意されています。

モザイクをかけたり・・・

Annotable


テキストを入れて矢印をひいたり・・・

Annotable


直線・フリーハンドの線・円・四角形も描いたりできます。

Annotable


有料ツール

指定した部分を拡大して表示する虫眼鏡、文章をマーキングできるマーカー・指定範囲以外を暗くするスポットライトなど、一部の機能は有料です。

有料ですが、自由に試せます。これらのツールを使った写真は保存できません。

Annotable


色は赤以外、すべて有料です。

有料の色・機能はそれぞれ240円で制限を解除できます。まとめてすべて解除する場合は1,440円です。執筆時点ではセール中のため、960円になっています。

セール中でも1,000円近くするので有料機能は決して安くはありませんが、無料で試せるのでまずは使ってみてください!

Annotable — Ultimate Image Annotation Tool ・販売元: Ling Wang
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 10.8 MB
・バージョン: 1.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!