『メルカリ』で二次創作物の販売OK。第1弾は『Ingress』!

mercaringress01


(画像:メルカリより)

フリマアプリの『メルカリ』で、ユーザーが制作した二次創作物を公認で販売できる取り組みが始まりました。

第1弾としてメルカリでの販売をOKしたのは、位置情報ゲーム『Ingress』です。

本日6月13日(月)からメルカリのアプリ内に設けられる【Ingress】専用カテゴリで、Ingressの二次創作物の販売・購入ができるようになります。

Ingressのライセンス料は10%

今回、こうして二次創作物の販売が可能になるのは、限定的なライセンスとロイヤリティが設定されるためです。

二次創作物の出品者は取引成立時に権利者にライセンス許諾料を10%支払うことにより、公式に許諾を受けた二次創作物として自由に創作活動ができるようになります。

mercaringress02


手数料について

  • メルカリの手数料:10%(従来の手数料)
  • Niantic, Inc.のロイヤリティ手数料:10%(ライセンスの対価)

今回の取り組みについて、Nianticのジョン・ハンケ氏と、メルカリの山田進太郎氏からコメントも発表されているのであわせて紹介します。

Niantic, Inc. CEO ジョン・ハンケ氏のコメント

「メルカリとのパートナーシップを発表できて、大変嬉しく思っています。今回の提携を通じて、クリエイターの皆さまは、創造性が遺憾なく発揮された美しい手作りの作品を安心して販売できるよりになり、ファンの皆さまも安全に購入できるようになりました。

 私達と一緒に、クリエイターとファンを結び、創造的な活動を応援する方法を実現してくれたメルカリの皆さまに御礼を申し上げます。また、クリエイティブな文化を生み出し、守り育ててくださっているイングレスファンの皆さまにも感謝申し上げます。

 この仕組みによって、コミュニティの文化が発展し、長く続くものになることにつながればと思っています」

株式会社メルカリ 代表取締役社長 山田進太郎氏のコメント

「今回の革新的な取り組みに協力いただいたNiantic, Inc. に感謝いたします。また、イングレスファンの皆様にメルカリ上での二次創作物の公式売買の場を提供できることを、大変嬉しく思います。

 今回の取り組みは、権利者と二次創作物の作者、双方にとって安心してメルカリ上での取引を行っていただける、新たなプラットフォームになると確信しています。

 今後ともメルカリはイングレスファンの創作活動を支え、応援していければと思います」

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング ・販売元: Mercari, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 38.8 MB
・バージョン: 3.5.5
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!