Touch IDの弱点

20150925_iPhonenews6_n - 6


iPhoneのロックを指紋で解除できる『Touch ID』は、おそらくほとんどの人が使っている機能でしょう。しかし、Touch IDには弱点もあります。

指紋を使うが故の弱点

それは、寝ている間に指をTouch IDセンサーに押し当てられてしまうと、誰でもあなたのiPhoneのロックを解除できてしまう点です。

Touch IDは本人が指を当ててロック解除することを想定しているようです。そのためか、指紋+パスコードという組み合わせでiPhoneを守ることはできません。

では、この弱点をカバーする方法はあるのでしょうか。

弱点を克服する使い方

寝る前に5回失敗する

Touch IDは認証に5回失敗すると一時的に無効となり、パスコードによるロック解除しかできなくなります。

Touch ID


そこで、寝る前にわざと認証に5回失敗しておきましょう。そうすれば寝ている間に、誰かが指を使ってロックを解除することはできません。

意外な場所の指紋を登録する

たとえば指の腹ではなく、第一関節やそれよりも付け根に近い部分など、意外な場所の指紋(?)を登録する方法です。

意外な場所の指紋を登録しておけば、どこの指紋を登録したか分からない人がロックを解除しようとしても、失敗する確率が高くなります。

ただし、Appleは指先(指の腹)の指紋を登録することを前提に設計しているようなので、別の場所を登録するとスムーズに指紋認証が行えない恐れもあります。

ロック解除にTouch IDを使わない

設定アプリの【Touch IDとパスコード】を開き、【iPhoneのロックを解除】をオフに、【iTunes & App Store】はオンにします。

Touch ID


これでロック解除はパスコードの入力で行い、『iTunes Store』や『App Store』でダウンロード・購入する際はTouch IDで認証できます。

ただし、常にパスコードでロックを解除することになるので、誰かがあなたのパスコードを盗み見る機会が増えることにもつながります。

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!