ポケモンGO運営「都会と田舎の地域格差を解決したい」

160328pokemongo01


画像引用元:『Pokémon GO』公式サイト

ポケモンGO』を共同開発した株式会社ポケモンが、産経新聞の取材に対して「地域格差の問題を解決したい」と答えています。

取材ではポケモンの宇都宮専務執行役員が、地方でのポケモンの出現率が低いことやポケストップの数自体が少ないことについて言及。都会と田舎における地域格差を解決したい考えを明らかにしました。

地方では出現率が低いほか、ゲームで使うアイテム(道具)を取得できるポケストップも少なく、宇都宮氏は「地域で格差がある問題を解決したい」と強調した。

開発・運営主体であるナイアンティックは今月、東日本大震災と熊本地震で被災した岩手、宮城、福島、熊本の4県と観光客誘致による復興支援で連携することを決めた。宇都宮氏は「格差を解決する一つの手法だ」とし、出現率アップなどでの自治体との連携を広げていく考えを表明。「都市部の人が地方を訪ねたくなるような仕掛けを考えたい」と述べ、地域活性化に意欲を示した。

【ポケモンGO】地方の出現率アップで地域振興に貢献へ 「交換」など新機能も追加方針 ナイアンティック統括部長が明かす(1/2ページ) – 産経ニュース

ポケモンGOとの連携は今のところ東北3県&熊本県、それに京都市で発表されていますが、今後それ以外の地域でも何らかの連携が行われていくのでしょうか?

地域格差の解消に期待です!

Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 106 MB
・バージョン: 1.3.1

この記事も見られてます

カロス地方のポケモンが実装!


XP上限開放!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!