イヤーピース交換でイヤホンの音質とフィット感を上げよう!

イヤーピース交換で音質とフィット感が変わる


カナル型イヤホンの先端についている「イヤーピース」という柔らかい部品。購入時についていたものをそのまま使っている方も多いのではないでしょうか。

じつは、このイヤーピースを交換することで音質やフィット感を向上させられるんですよ。

イヤホンがすぐに耳から外れる
重低音が評判のイヤホンを買ったのに、音がスカスカ!

もし、こんな経験があればイヤーピースの交換をしてみましょう!

「耳に直接触れる部分」だから耳とイヤーピースの相性は大切

カナル型イヤホンを使っていても、イヤーピースの交換ってそんなに考えないですよね。失くしてしまったときだけ交換するのが一般的ですよね。

でも、イヤーピースはイヤホンの中で唯一「耳に直接触れる部分」。耳の形に合わせてイヤーピースを選ぶことで、外れやすかったイヤホンのフィット感を向上させられます。また、イヤーピースの素材や形状を変えることで音質を変化・調整できるんですよ。

イヤーピース交換でフィット感が改善


次に、初めて付属品以外のイヤーピースに交換する方におすすめの商品を紹介します!

サイズが豊富でフィット感が良い『JVC スパイラルドット』

イヤーピースの種類は驚くほど豊富。シリコン製やウレタン製、フランジ型にフォーム型…イヤーピースを選び出したらキリがありません。結局どれを選べばいいのやら…。

でも、とりあえず現状よりも音質とフィット感を改善したい方におすすめのイヤーピースがあります。それが、『JVC スパイラルドット』。

おすすめする理由は2つあります。

1つ目はサイズが豊富なこと。一般的な「S」「M」「L」に加え「MS」「ML」という中間サイズが販売されているんです。

イヤホン付属のイヤーピースがイマイチと感じたのなら、「MS」「ML」の中間サイズを選んでみてください。かなりフィット感が向上しますよ!

JVC スパイラルドットのイヤーピース


内壁の凹みが音質をクリアに

2つ目の理由は、音質の変化がわかりやすいことです。

フィット感が向上することで、いままで隙間から抜けていた音もしっかりと耳に伝わるようになるんです。なので、イヤーピース交換だけで音圧がグッと増しますよ。

そして、スパイラルドットは、イヤーピースの内壁に細かなドット状の凹み(ディンプル)が付いているのが特徴です。これは、音の濁りを抑えてクリアに聴こえる効果があるんです。

JVC スパイラルドットのイヤーピース


イヤーピースを選ぶときの注意点

交換するだけでメリットが大きいイヤーピース。選ぶときに注意すべきことが1つあります。

それは、イヤホンのステム*の長さや太さがメーカーによって大きく違う場合があります。

たとえば、下の写真をご覧ください。


左:SHURE SE215SPE-A
右:エレコム EHP-CH2000

一般的なのが右側のステムです。厳密に言えば、メーカーごとに数ミリ単位で違いはありますが、さまざまなイヤーピースに対応しています。JVC スパイラルドットもこちらのタイプで使えます。

しかし、左側SHUREのイヤホンのように、細いステムの商品もあります。このようなステムの場合、「SHURE対応」と記載されているような専用のイヤーピースを選びましょう。

イヤーピースの選び方


*ステム:音が通る円柱状の部分

今回ご紹介したJVC スパイラルドットはAmazonで購入できます。気になった方はチェックしてみてくださいね。

JVC スパイラルドットの詳細はこちら
JVC EP-FX9ML-B 交換用イヤーピース スパイラルドット

Amazon アプリ-さくさくショッピング! ・販売元: AMZN Mobile LLC
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 92.9 MB
・バージョン: 7.1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!