ウェブページをメモアプリに楽々保存【Workflow】

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

iPhoneにこんな機能があったら・・・」というアイデアは、アプリ『Workflow』を使って現実のものにしてみましょう。

Workflowの紹介はこちら。
iPhoneに欲しい機能は『Workflow』で自作しよう!

今回は、ウェブページに書かれている情報を決めておいたフォーマットでメモに保存する作業を自動化します。

Workflow関連記事

メモに残すなら整理した形にしたい

あとで見直す・探すことを考えると、やみくもにメモするのではなく、ウェブページの必要な場所を、一定の書式に沿って残したいところです。

そこでワークフローで自動化する作業を分けると、「ページの選択部分・タイトル・URLを取得」→「一定の書式に整える」→「メモに保存」になります。

それではワークフローを組み立てましょう。基本的な操作方法は以下のページでご紹介しています。
ワークフローの組み立て方

ページの選択部分・タイトル・URLを取得

Safariから実行できるように、ワークフローを【Action Extension】にします。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

次に使うのが、データを一時的に保管する「変数」です。データに名前を付けて保存すると、あとで再利用するときに重宝します。

ここではデータに変数を割り当てる【Set Variable】を使い、Safariから受け取ったオリジナルの情報に「source」という名前を付けます。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

Safariから受け取ったデータから特定の情報を抽出する【Get Details of Safari Web Page】を追加し、【Get】を【Page Selection】にします。これでページの選択部分だけを抽出できます。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

そして、ページの選択部分だけを抽出したデータに別の変数「body」を割り当てます。別に取得するタイトル・URLと合わせてメモに保存するためです。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

その下に、次はウェブページのタイトルを取得するアクションを組み込みます。

変数からデータを取得する【Get Variable】で【Variable】を「source」にします。これでSafariから受け取ったオリジナルの情報である変数「source」を呼び出せます。

さらに【Get Details of Safari Web Page】を追加し、【Get】を【Name】にします。これでウェブページのタイトルを抽出できます。

最後に、抽出したウェブページのタイトルに変数「title」を割り当てます。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

さらにその下に、ウェブページのURLを取得するためのアクションを組み込みます。

変数「source」でデータを呼び出して、【Get Details of Safari Web Page】の【Get】は【Page URL】に設定し、抽出したURLに変数「url」を割り当てます。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

一定の書式に整える→メモに保存

ここからは抽出したデータを整理し、メモに保存するアクションをつくります。

これまで抽出したデータはテキストなので【Text】アクションを追加。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

テキストエリアをタップし、キーボードの上の【Variable】をタップします。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

タイトルである変数「title」、ページの選択部分である「body」、URLである「url」をテキストエリアに追加。

それぞれの変数を入れた場所に、Safariから得たウェブページのタイトル・選択範囲のテキスト・URLが挿入されます。

これはテンプレートなので、変数をカギ括弧で囲んだり、わかりやすく区切り線を入れたりしてもOKです。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

最後にメモに保存するためのアクション【Create Note】を追加。これで完了です。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

今回のワークフローは以下のリンクからご覧いただけます。
Safariからメモに保存するワークフロー

Safariからメモに保存してみる

メモに保存したい部分を選択し、Safariの画面下にあるボタンをタップ。隠れているときはページを上にスクロールしてみましょう。

Workflow


メニューの下段にある【Run Workflow】をタップ。見当たらないときは下段を右端までスクロールし、【その他】で追加します。

Workflow


先ほど作成したワークフローを選びます。名前やアイコンを変更する方法は以下のページでご紹介しています。
ワークフローの組み立て方

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

するとワークフローが実行されて、最後にメモの保存画面になります。【メモを選択】が「新規メモ」になっていることを確認し、右上の【保存】をタップしましょう。

Workflow


Workflow
これでSafariで選択していた範囲が、メモアプリに新しいメモとして保存されました。
残念ながら、この方法では選択範囲内の画像は保存されないようです。


ページ全体を保存したい・別のアプリに保存したい場合

ワークフローの中にある、ページ選択部分を抽出するアクション【Get Details of Safari Web Page】の【Get】を【Page Selection】から【Page Contents】にしましょう。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

これでページの主な部分がメモに保存されますが、処理に時間がかかったり、抽出や処理に失敗する場合があります。

別のアプリに保存したい場合は【Create Note】を別のアクションに置き換えます。たとえば『Evernote』なら【Create New Note】です。

Workflow


© 2016 DeskConnect, Inc.

この際、EvernoteとWorkflowを連携させる必要があります。

次回は、状況に応じて処理を選べる「メニュー」を使います。お楽しみに!

Workflow: Powerful Automation Made Simple ・販売元: DeskConnect, Inc.
・掲載時のDL価格: ¥360
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 55.9 MB
・バージョン: 1.5.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!