【白猫テニス】基本的なテニスのルールをおさらいしよう

shironeko_tennis_rule - 0


© COLOPL, Inc.

白猫テニスをプレイしていて「フォルト」や「デュース」など、聞きなれない言葉を目にしませんか?

テニスをやったことある人ならおなじみの言葉なのですが、白猫テニスで初めてテニスに触れた人のために、この記事では基本的なテニスのルールをご紹介します。

白猫テニスの☆4キャラ評価・情報についてはこちら
【白猫テニス攻略】キャラクター評価・情報まとめ
白猫テニスについての記事はこちら
【白猫テニス】最新ニュース・攻略・キャラクター情報まとめ

サーブのルール

フォルト

サーブを打つ場合、1バウンド目は必ず相手側コートの真ん中のラインより手前で逆サイドのコートになるように打たなければいけません。

shironeko_tennis_rule - 1


この部分にボールを打つことができなかった場合フォルトとなり、サーブのやり直しになります。

2回連続でフォルトをしてしまうとダブルフォルトとなり、相手の得点になります。

shironeko_tennis_rule - 2
shironeko_tennis_rule - 3


サーブはダイレクトで返してはいけない

相手がサーブのとき、サーブボールをダイレクトで打ち返してはいけません。ダイレクトで打ち返すと、相手の得点になります。

shironeko_tennis_rule - 4


打ち返すときのルール

アウト

ボールを打ち返した時、規定のラインより外に打つとアウトとなり相手の得点になります。

シングルとダブルスではコートの広さが違うので気をつけましょう。

shironeko_tennis_rule - 6
shironeko_tennis_rule - 7


ボレーとダイレクト

ルールというわけではありませんが、ノーバウンドでボールを打ち返すとことをボレーダイレクトと言います。

白猫テニスでは真ん中のライン(サービスライン)より前だとボレーになり、後ろだとダイレクトになります。

ボレーはネットの近くにボールを打ち返すことができる打法で、相手が後ろの方にいるときに有効な打ち方となりますが、ダイレクトはスタミナを多く消費してしまう良くない打ち方です。

shironeko_tennis_rule - 8
shironeko_tennis_rule - 9


得点のルール

特典の数え方

白猫テニスでは基本的に4ポイント先取のルールで試合が行われます。点数の数え方は2種類ありますが、4ポイント先取に違いはありません。

得点 0 1 2 3 4
表記 0 15 30 40 G
読み方 ラブ フィフティーン サーティ フォーティ ゲーム

デュース

基本的には4ポイント先取なのですが、4ポイント同士の同点になった場合は2点連続で取らないと勝ちになりません。

同点になるとデュースになり、1点取るとアドバンテージ、さらに1点取ると勝ちです。

アドバンテージから失点して同点になるとデュースに戻ってしまいます。

shironeko_tennis_rule - 10
shironeko_tennis_rule - 10


白猫テニス ・販売元: COLOPL, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 171.5 MB
・バージョン: 1.0.02
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!