【残り1日】古いアプリはApp Storeから削除へ、影響・救出法は?

App Store


Appleが2016年9月7日からApp Storeの全アプリを点検し、基準に満たない古いアプリをApp Storeから削除すると発表しました。

もし長い間アップデートされていないアプリをお使いの場合、今回の点検でそのアプリが削除対象になる恐れがあります。

どんなアプリが削除されるのか

削除されるアプリの基準は「説明通りに機能しない」・「現在のApp Storeのガイドラインに沿っていない」・「アプリが古くなっている」の3つです。

アプリが削除対象になった場合、Appleが開発者に連絡して30日以内のアップデートを要求。もし期間内にアップデートがなければ、アプリはApp Storeから削除されます。

起動時にクラッシュするアプリは9月7日の点検開始後すぐに削除する、とAppleは発表しています。

削除されてもアプリは使えるが・・・

App Storeから削除されても、アプリはそのまま使えます。

しかし、App Storeから削除されるので、iPhoneやPCから再ダウンロードはできません。対象になりそうなアプリは念のためにバックアップしましょう。

古いアプリを救出する方法

アプリをバックアップしておくには、PCの『iTunes』でダウンロードしましょう。

iTunesを起動します。

iTunes


ウィンドウ左上のメニューを開いて【App】を選択。

App Store


ウィンドウ上部の中央にある【App Store】をクリックします。

App Store


App Storeが表示されるので、ウィンドウ右側にある【購入済み】をクリック。

App Store


ウィンドウ左上の【購入アイテムを検索】にアプリ名を入力し、バックアップしたいアプリを探します。

App Store


アプリを見つけたら、アイコン右上にある雲のボタンをクリック。これでiTunesにダウンロードされます。

App Store


アプリも含め、iTunesを丸ごとバックアップする方法はこちら。
iTunesライブラリをバックアップ・移行する方法【iTunes 12版】

iTunesにダウンロードしておけば、必要になときにアプリをiPhoneにインストールできます。

参考

App Store Improvements – Support – Apple Developer

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!