プロレベルの写真が簡単に撮れる高性能カメラアプリ

photo_procamera_hdr - 1


高性能HDR撮影ができるカメラアプリ『ProCamera + HDR』を紹介します。

ProCamera + HDRは、一眼レフやデジカメのような細かな設定ができるという特徴があります。そして、中でも凄いのがHDR(ハイダイナミックレンジ合成)機能。

HDRとは露出(明るさ)の異なる写真を複数枚合成し、鮮やかな色味に調整してくれる機能のこと。

日差しが強く影ができやすいシーンでもProCamera + HDRで撮影したら綺麗な写真になりましたよ!
ProCamera + HDRで撮った写真の作例

高性能カメラアプリ『ProCamera + HDR』

ProCamera + HDRは、露出・シャッタースピード・ホワイトバランスのような設定をして撮影できる高性能カメラアプリの定番。もちろん、シャッターを押すだけでも撮影できますが、さらにこだわって写真を撮りたい方にとって使い勝手のいいアプリなんです。

その中でも、特に優れているのがHDR機能の『vividHDR』。この機能を使うためには、アプリ内課金400円をする必要がありますが、課金するだけの価値は絶対にありますよ。

photo_procamera_hdr - 2
photo_procamera_hdr - 3


© cocologics 2015

「鮮やか」の強さを選べるHDR機能

vividHDRをアプリ内から購入すると、HDRモードで撮影できるようになります。

HDRは鮮やかな色合いで撮影できるのですが、ProCamera + HDRはその強さを選ぶことができます。全部で5種類もあるんです。

▽左:オリジナル(HDR無し)右:HDRナチュラル(効きは弱め)▽
photo_procamera_hdr - 4
photo_procamera_hdr - 5


HDRナチュラル→HDR鮮やか→HDR劇的の順で発色が強くなっていき、暗所が明るく補整されるんです。

▽左:HDR鮮やか(効きは中くらい)右:HDR劇的(効きは強力)▽
photo_procamera_hdr - 6
photo_procamera_hdr - 7


明所は白く染まり、暗所は真っ黒に染まりやすいモノクロ撮影でもこの通り。HDRモノクロを使うと、染まりすぎず木々の輪郭を残して綺麗に描写できるんです。

HDRフェードは明るさが補整されていますが、色味が強くなりすぎない控えめな発色。

▽左:HDRモノクロ(白黒)右:HDRフェード(コントラスト弱め)▽
photo_procamera_hdr - 8
photo_procamera_hdr - 9


ProCamera + HDRで撮影した作例

HDRの効果は確認するため、ProCamera + HDRの作例をご紹介します。

快晴の日に木陰から空を撮影してみました。

まずは、HDRを使わず普通に撮った写真がこちら。木と葉が思いきり影になり、黒くなってしまいました。太陽光が強いと、このような写真が多くなりますね。

▽HDR無し▽

photo_procamera_hdr - 10


そして、HDR劇的という最も強烈なHDR補整したものがこちら。

木の茶色、葉の緑がハッキリと現れていますね。ビルにできていた影もなくなり、鮮やかな印象になりました。

▽HDR劇的▽

バージョン 2


HDRモノクロを使ったところ、黒つぶれなく立体感のあるモノクロ写真になりました。

▽HDRモノクロ▽

photo_procamera_hdr - 12


ProCamera + HDRは600円の有料カメラアプリ。そして、vividHDRはアプリ内課金で400円。合計1,000円かかりますが、たった1,000円で市販のデジタルカメラで撮影したかのような綺麗な写真が撮れるのはお得ですよね。

風景写真を今までよりも綺麗に撮りたい方、撮影で失敗したくない方におすすめのアプリですよ!

ProCamera + HDR ・販売元: Cocologics GmbH
・掲載時のDL価格: ¥600
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 89.7 MB
・バージョン: 9.5
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!