App Storeで検索広告サービスが開始された

20160929 - 2


(引用元:Search Ads – Apple)

海外のApple公式サイトによると、「WWDC2016」で発表したApp Storeの検索広告サービス「Search Ads」の提供を開始したと発表されました。

今まで導入されていなかった、App Storeの広告サービスがついに始まります。
どのように表示されるのか気になりますね。

Search Adsとは

Search Adsは、App Storeでアプリを検索すると、検索した言葉と関連性の高いアプリ広告が表示されます。
また、広告だとわかるようにアプリ名の下に小さくマークが表示されるので、わかりやすいですよ。

広告だと一目でわかり、大きく表示されないので気になりません!

広告表示開始は・・・

2016年9月28日から広告受付が開始され、実際に広告が表示されるのは2016年10月05日(日本は10月6日)より開始されます。
さらに、Search Adsのサービス開始に伴い、100ドル分の無料クレジットが期間限定で配布されています。

現時点(2016年9月29日時点)では、英語表記しか公開されていないため、日本語ではどのように表示されるのか気になりますね。

参考

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!