【パズドラ攻略】超究極ミル 評価とパーティ編成考察!

星刻の時龍契士・ミル 評価とパーティ考察


この記事は、「星刻の時龍契士・ミル」の評価記事です。
ステータス詳細や相性の良いモンスターなどについて考えてみました。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

目次

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


ステータス詳細

星刻の時龍契士・ミル

属性 副属性 タイプ コスト
ドラゴン/マシン/神 99
レベル HP 攻撃 回復
最大 99 4580 1710 660
プラス +99 5570 2205 957

星刻の時龍契士・ミル


スキル「ムーンフェイズ」 スキルレベル最大時
光以外のドロップから回復ドロップを7個生成。7秒間、時を止めてドロップを動かせる。 7ターン
リーダースキル「継界龍統・トルヴィオ」
回復の5個十字消しでダメージを半減、攻撃力が7.7倍。ドロップ操作時間を2秒延長。
覚醒スキル
バインド耐性 バインド耐性

バインド耐性 バインド耐性

封印耐性 封印耐性

2体攻撃 2体攻撃

光属性強化 光属性強化

光ドロップ強化 光ドロップ強化

光ドロップ強化 光ドロップ強化

光ドロップ強化 光ドロップ強化

スキルブースト スキルブースト

ここに注目!

リーダーとしての火力・耐久力はもちろん、回復ドロップを生成できるスキルも使いやすく強力なモンスターです。なにより注目するべきは、そんなミルが「ドロップモンスター」であることですね。

「ミル降臨!【特殊】」の難易度は高いものの、その難易度に見合うモンスターです。
スキル・リーダスキルを始め、覚醒スキル・ステータスもバランスが良く、使い勝手のいいモンスターです。

しかし、究極進化、超究極進化の素材が重く、作成のコストが高いという点には注意が必要です。

リーダーとして使うなら?

十字消しにはある程度の慣れが必要ですが、ミルのリーダースキルには操作時間延長が付いているので、どんな人でも使いやすいというのがポイントです。

しかし、攻撃倍率が可変ではないので、ダメージ吸収には少し弱い部分があります。しっかりと自分のパーティの火力を把握しておきましょう。

おすすめの覚醒バッジ
HP+ HP スキルブースト スキルブースト

おすすめのサブ

回復、攻撃色を生成する少し軽い変換「孫悟空」や「大喬小喬」「パイモン」はパーティの安定性を生むのに大切なモンスターです。
また「モーグリ」を入れることで、サブに変換が少なくても安定して回復の十字消しができるようになります。

覚醒大喬&小喬

モーグリ

毒やお邪魔の処理や火力を出すために、「アポカリプス」「サリア」などの陣は入れておきたいところですね。

また高防御力のモンスターを突破するために、「カンナ」「アリエル」などの2体攻撃を多く持ったモンスターを入れるのもいいでしょう。

残光の破壊龍・アポカリプス

朝陽の日龍喚士・カンナ

サブにおすすめのドロップモンスター

ミルはダンジョンでドロップするものの、サブにはガチャキャラが多く使われることがほとんどです。そこでドロップモンスターで相性の良いおすすめのモンスターを考えてみました。

まずはリーダースキルを発動させることが重要なので、攻撃色の生成よりも「ソティス」や「カミヌエ」「エンジェリオン」などの「回復生成」を含むスキルを優先して入れましょう。
回復の生成はリーダーでもできるので、1,2体で抑えるのが良いですね。
サブに「ミル」を入れるのも良いのですが、パーティ作成の手間が目立ちます。

覚醒ソティス

ヤマツカミノミコ・カミヌエ


ダンジョンによっては毒、お邪魔の対策として「コスモクルセイダー」「フラグレム」を入れることもあるでしょう。

閃機王・コスモクルセイダー

煌兎龍・フラグレム

次に攻撃色を作るモンスターを入れていきましょう。「イーリア」や「ヴァーチェ」「アギョウ」などが挙げられます。
作成難易度が高くなりますが「オルファリオン」で光ドロップを供給しやすくするのも良いでしょう。

密命の天使・イーリア

光の星導機・オルファリオン

またサブにドロップモンスターが多くなると火力が足りないことがあると予想されます。「どんちゃん」「タイニー・アルマ」「アテナ」などのエンハンス、ドロップ強化を入れることで補いましょう。

太鼓神どんちゃん・極

ECO・スーパータイニー・アルマ

チンバウドラ」「レックス・ルーサー」を入れることで、盤面を整える時間を作るのも手です。

光の犬龍・チンバウドラ

企業家・レックス・ルーサー


こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!