『AirPods』と同じ技術を採用したワイヤレスイヤホン

AirPods


画像:Apple

『AirPods』は発売延期になりましたが、実はAirPodsとまったく同じ技術を採用したワイヤレスイヤホン・ヘッドホンがすでに発売されていることをご存知でしょうか。

AirPodsの発売延期については、こちらのページで詳しくご紹介しています。
AirPodsはいつ発売されるのか?

AirPodsを支える「W1チップ」

AirPodsには、専用に開発されたW1チップが搭載されています。

無線通信をコントロールするもので、より効率の良い通信が行えるようになったのでバッテリーの持ちが良くなりました。音質も向上しているそうです。

さらにiPhoneに近づけるだけでペアリングできるなど、Apple製品との連携もスムーズになっています。

実はこのW1チップはAirPodsだけでなく、2014年にAppleが買収した、Beats社の製品にも搭載されています。

W1チップ搭載の3製品

販売中の製品でW1チップを搭載しているのは『Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン』と『Powerbeats3 Wirelessイヤフォン』の2つです。

『BeatsXイヤフォン』は今秋に発売される予定です。

AirPodsとの違い

同じW1チップを搭載していますが、Beats製品にはAirPodsと異なる点が4つあります。

  • ケーブルがまったくない、完全ワイヤレスイヤホンではない
  • 充電ケースは付属していない
  • 脱着で再生・一時停止のコントロールができない
  • デュアルビームフォーミングマイクロフォンを搭載していない製品がある

各製品の連続使用時間と、最短で充電した場合の使用時間は以下のとおりです。

連続使用時間(前モデル比) 最短充電で使用できる時間
AirPods 最大5時間 15分間の充電で約3時間
Beats Solo3 Wireless 最大40時間
(Solo 2 Wirelessの3.3倍)
5分間の充電で約3時間
Powerbeats3 最大12時間
(Powerbeats2の2倍)
5分間の充電で約1時間
BeatsX 最大8時間 5分間の充電で約2時間

どの製品も、AirPodsよりバッテリーの持ちがさらに良い点が魅力です。

AirPodsのような完全ワイヤレスは味わえませんが、紛失が心配・バッテリーの持ちが良いものが欲しいという場合には、Beats製品も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!