【パズドラ】穏やかなる山の神! パールヴァティーのキャラクター考察

インド神「パールヴァティー」設定調べてみた!


パズドラのキャラクターの歴史での設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回はインド神第1弾の「パールヴァティー」を紹介します。

神話でのエピソードやパズドラでのイラストなど。
ラーについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


パールヴァティー

パールヴァティー


モンスターデータはこちら

白火の舞女神・パールヴァティー

翠金の仙女神・パールヴァティー

転生パールヴァティー

インド神話では・・・

パールヴァティーは、ヒンドゥー教の女神の1人で、名前は「山の娘」の意味。
ヒマラヤ山脈の山神の娘」で、夫は「シヴァ」、シヴァとの間の子は「ガネーシャ」とされています。

シヴァの最初の妻「サティー」の生まれ変わりとされていて、亡くなったサティーを悲しみ都市を破壊していたシヴァを慰めました。
そのようなこともあり、穏やかで心優しい、美しい女神とされているのです。

またパールヴァティーの肌は「金色」で描かれていますが、元々の肌の色は「黒色」とされています。
夫シヴァがその肌の色を非難し、それを恥じたパールヴァティーが森にこもり修行を始めました。それを哀れに思った「ブラフマー」がその「黒い肌」を「金色」に変えたのだとか。

パールヴァティーの別の姿

パールヴァティーは穏やかで心優しいと言われていますが、ときにアスラたちと戦った別の姿があるとされています。

天界に攻め込み神々を追放したアスラたちに怒り、「ドゥルガー」として戦いました。
ドゥルガーは10または18本の腕に、それぞれ神に授けられた武器を持っていたとされています。
またドゥルガーは「トラ」に乗った姿で描かれることがあります。

ドゥルガーはアスラたちと戦っているとき、さらなる怒りを感じ「カーリー」を生み出し戦いました。
カーリーは血と殺戮を好む戦いの女神とされています。

敵対するアスラたちを次々と倒し、無事勝利を迎えました。
カーリーはその勝利を喜び踊り始めたものの、あまりの踊りの激しさで大地が砕けそうになったとされています。その破壊の衝撃を抑えるべく、シヴァは足元に横たわったとされていますよ。

・・・夫が足元にいながらもカーリーは踊り続けたそうです。

パズドラでのパールヴァティーは?

パズドラでは進化前は「黒色」の肌、進化後は「金色」の肌として描かれています。ブラフマーに変えてもらう前後を表しているようですね。

また「トラ」と一緒に描かれています。同一視された「ドゥルガー」に関連しているようですね。

パールヴァティー 肌の色


闘技場などで登場するパールヴァティーの攻撃に「トリシューラ」「ヒマラヤの怒り」というものがあります。
「トリシューラ」は、夫「シヴァ」の持つ武器の名前ですね。
「ヒマラヤの怒り」は・・・
ヒマラヤ山脈の山神の娘」であるパールヴァティーがお怒りになっております。

覚醒パールヴァティー


詳しいステータスを確認しよう

「パールヴァティー」のHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

白火の舞女神・パールヴァティー

翠金の仙女神・パールヴァティー

転生パールヴァティー

pzdb



パズドラくん パズドラくん(@pdkun
今回は昔は「とりあえず入れとけ」で有名なパールヴァティーさんでした!
シヴァ君、パールさんをいじめないの。そんなことするからカーリーの姿で踏まれ続けるのよ。

こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!