Safariの検索エンジンをYahooに変更する方法

Safariのアドレスバー


PCと同じで『Google』よりも『Yahoo! JAPAN』がいい、あるいはプライバシーを重視した検索サイトを使いたい。

そんなときはSafariのアドレスバーから使える、検索サイトを変えましょう

Safariが使う検索サイトを変える方法

設定アプリを開きます。

設定アプリ


【Safari】をタップ。

設定アプリの「Safari」


【検索エンジン】をタップして・・・

Safariの検索エンジン


好みの検索サイトを選びます。

Safariの検索エンジン


選べる検索サイトは4つ

言わずと知れたGoogleのほか、Yahoo! JAPAN・『Bing』・『DuckDuckGo』の4つから選べます。

Yahoo! JAPANは、ウェブ検索にGoogleのシステムを採用。その結果に自社のサービス(例:知恵袋)の検索結果を組み合わせています。

Bingはマイクロソフトが運営する検索サイトです。

検索サイトDuckDuckGoは、ユーザーの情報を収集したり、収集した情報を他者と共有したりしないことを掲げています。完全には日本語化されていません。

こちらのページで詳しくご紹介しています。
Safariで選べる検索サイト『DuckDuckGo』とは

残念ながら、ほかの検索サイトを追加することはできません。

同じキーワードで比較検索すると、内容・レイアウト・連携サービスなどの違いがよく分かります。ピッタリの検索サイトを見つけてみてください。

こちらの記事もぜひご覧ください。
Safariだけで出来るiPhoneのパスワード管理術
知っておきたい『Google 検索』で使える7つの技

参考

Yahoo! JAPAN – プレスリリース

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!