更新済みなのに「iOS 10.1.1があります」と表示される理由

iPhoneソフトウェアの最新バージョン(10.1.1)があります。


iPhoneをPCにつなぎ、iTunesを開くと「最新バージョン(10.1.1)があります」と表示されるようになりました。

『iOS 10.1.1』にはアップデート済みなのに、なぜ表示されるのでしょうか。その理由と対処法をご紹介します。

新しいiOS 10.1.1が公開された

Appleが新しいiOS 10.1.1を公開したようです。

iOS 10.1.1


ただしバージョンの番号は「10.1.1」で変わらず、何が変更・修正・調整されたのかは公表されていません。

変わったのは開発現場で使われる、iOSのビルド番号です。これまでのiOS 10.1.1は「14B100」でしたが、新しいiOS 10.1.1は「14B150」になっています。

このビルド番号は、設定アプリの【一般】→【情報】の「バージョン」で確認できます。

アップデートした方がいいのか?

バージョンが「iOS 10.1.1」のままであること、アップデートの方法が限られていることから、無理にアップデートする必要性はないでしょう。

アップデートの確認を消すには

iTunesで表示されるメッセージの下にある、【次回から確認しない】にチェックを入れて【キャンセル】をクリックしましょう。

iPhoneソフトウェアの最新バージョン(10.1.1)があります。


もし気が変わったら、サイドバーにあるiPhoneを右クリック→メニューの【警告をリセット】をクリックすれば、次回接続時にアップデートの確認を行います。

警告をリセット


新しいiOS 10.1.1にアップデートする方法

まずは念のためにバックアップを行います。
iPhoneをバックアップする方法まとめ

次に、iTunesの接続時に表示される【ダウンロードしてアップデート】をクリック。これで新しいiOS 10.1.1にアップデートする作業が始まります。

iPhoneソフトウェアの最新バージョン(10.1.1)があります。


iPhoneの設定アプリの【一般】→【ソフトウェアアップデート】では、新しいiOS 10.1.1にアップデートすることはできません。

参考

Apple Releases Updated Version of iOS 10.1.1 – Mac Rumors

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!