【パズドラ】人、神守るサソリの女神!セルケトのキャラクター考察

セルケトのキャラクター考察


パズドラのキャラクターの歴史での設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回はエジプト降臨「セルケト」を紹介します。

神話でのエピソードや描かれたセルケトの姿、パズドラでのイラストなど。
セルケトについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


セルケト

セルケト


モンスターデータはこちら

隼護の冥蝎神・セルケト

エジプト神話では・・・

セルケトは、「サソリの姿」または「頭にサソリをつけた女性の姿」で描かれています。
猛毒を持ったサソリを表すセルケトは、サソリやその他の砂漠に住む有害な生き物たちの毒から人々を守るとされ、重要視されてきました。

古代エジプトにおいてミイラを作る際に、魂が宿るとされる心臓を除く重要な臓器を取り出し、保存した壺がありました。その壺を「イシス」「ネフティス」「ネイト」とともに守ったとされています。

また、幼い「ホルス」を守るために、イシスがサソリを護衛につけたとされています。
そこからセルケトはイシスと深い関係があるとされます。

描かれるセルケトの姿

猛毒を持つサソリは、昔から北アフリカで恐るべき動物とされてきました。
セルケトが女神として描かれるとき頭上には、その恐れられた「サソリ」が描かれます。

「もしセルケトの頭上のサソリが動き出してしまったら、大変な害が起きる!」

そう考えた人々は、頭に乗ったサソリの「尻尾」「足」をもぎ取った姿でセルケトを描きました。

「サソリ」の尻尾、足が描かれていなかったため、長い間、姿の似た水生昆虫の「タイコウチ」が描かれているのだと言われていたそうです。
そこからセルケトはサソリの女神ではなく、「タイコウチ」の女神として伝えられていたことがあったようです。

もし本当にタイコウチの女神であったとしたら、今頃エジプト文明は毒で滅んでいたかもしれませんね。

パズドラでのセルケトは?

パズドラでは「頭にサソリをつけた女性の姿」として描かれています。
よく絵を見ると、サソリの尾の部分はセルケトの尻尾として生えているのではなく、髪として描かれているがわかりますよ。

セルケト サソリの尾


セルケトの進化前後には「ホルス」の姿が描かれています。
護衛につけられたという神話から来ているようですね。
進化後のセルケトでは、ホルスに守護されているようにも見えてしまいますが。

セルケト ホルス


詳しいステータスを確認しよう

「セルケト」のHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

隼護の冥蝎神・セルケト

pzdb



パズドラくん パズドラくん(@pdkun
ということで今回はセルケトでした。
リーダースキルの条件にも書かれているホルスは、神話的にしっかり絡みがあったんですね。
人だけでなく、天空と太陽の神をも守るとは・・・。降臨ダンジョンで登場するキャラクターにしては、大物すぎる存在ですね。

こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!