【ポケモンGO】アップデートで韓国でもプレイできるように。今までできなかった理由とは?

ポケモンGOのメインイメージ画像


画像引用元:『Pokémon GO』公式サイト

ポケモンGO(Pokémon GO)』のバージョン1.23.2(Androidではバージョン 0.53.2)のアップデートが行われました。

今までのような「配信の開始」ではなくすでにアップデートが実施されており、今回のアップデートで韓国でもプレイできるようになったとのことです。

バージョン1.23.2のアップデート内容

  • 韓国でもプレイできるようになりました

韓国でプレイできなかった理由とは?

それでは、なぜ今まで韓国でプレイできなかったのでしょうか?

理由は法律です。じつは韓国では国家保安上の問題から地図データを海外に持ち出すことを禁じており、そのため『Googleマップ』も機能が制限されているのです。

ポケモンGOの地図データはGoogleマップのデータを元にしているため、韓国でポケモンGOを起動すると見渡す限りの大草原が広がります。

この大草原が、本日のアップデートから大都会に生まれ変わります。

ポケモントレーナーの皆さん、今日からは韓国に旅行に行っても毎日ポケモンを捕まえられますよ!


Pokémon GO ・販売元: Niantic, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 280 MB
・バージョン: 1.23.2

この記事も見られてます

ホウエン地方イベント開催


カロス地方のポケモンが実装!


XP上限開放!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査・検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!