【パズドラ】悪魔であり神である王! バアルのキャラクター考察

バアルのキャラクター考察


パズドラのキャラクターの歴史での設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回は悪魔シリーズの「バアル」を紹介します。

神話でのエピソードや神としての姿、パズドラでのイラストなど。
バアルについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


バアル

魔神・バアル


モンスターデータはこちら

覚醒バアル

王眼の魔神卿・バアル

神話では・・・

バアルは、悪魔の学問においては「バエル」という名前で呼ばれています。
かなりの力を持っていて、66の軍団を率いる悪魔の中で序列1番の王のような存在です。
序列1番の名はダテではなく、世界の東方を支配したほどの実力。

さらには、強さや勇気、傲慢、野心など、あらゆるものを司るとされています。
そこからか、バアルは「ヒキガエル」「黒猫」「人間」「その3つの頭を持った姿」「ネコ、王冠を被った人間」「カエルの頭を持った蜘蛛」など、数多くの姿で姿を現したとか。

バアルに祈りを捧げると、あらゆる姿に変身、透明化できる力を得るとされています。
また、バアルが戦闘と法律などにも詳しかったことから、多くの知恵を与えたそうです。
序列1番とだけあって、どこをとっても強力な存在ですね。

神としてのバアル

バアルはときに悪魔としての姿ではなく、神としても描かれています。

一部の言語では「主人」「地主」を意味し、稲妻を象徴する「」を持った姿で描かれます。
嵐と慈雨の神とされていますが、乾燥している地域では豊穣神としても崇拝されているんだとか。

悪魔の王として描かれていたバアルは神としても強力で、海の神を倒し神々の王にもなったとされています。
その後、死の神とも戦い、1度は敗北したものの和解したそうです。

海と死の神を倒したことで、バアルは自然界の水を征しました。
その力で慈雨を降らして命を養う食料を生み、その食料を他に与える神として崇められることになりました。

パズドラでのバアルは?

パズドラでは「人間」の姿として描かれています。
そして、稲妻を象徴する「」を持っていますね。

稲妻の象徴「槍」


進化後の絵をよく見ると、「ヒキガエル、猫、人間の3つの頭」が描かれていますよ。そして頭の上には「王冠」が。

3つの頭、王冠


さらに究極進化後の背中を見ると、何やら紫色の羽や足のようなものがあります。
数えてみると数は『8本』。

どうやら悪魔バアルの姿の1つ「蜘蛛」の足のようです。
光と闇が入り混じった、禍々しさを感じる姿ですね。

蜘蛛の足『8本』


詳しいステータスを確認しよう

「バアル」のHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

覚醒バアル

王眼の魔神卿・バアル

pzdb



パズドラくん パズドラくん(@pdkun
バアルさん強すぎでは・・・。
「猫と王冠を被った姿」で、かわい子ぶってるバアルを想像したのは私だけで十分だ()

こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!