【パズドラ攻略】ナツ 評価・パーティ編成考察!

火竜・ナツ 評価・パーティ編成考察


この記事は、「火竜・ナツ」の評価記事です。
ステータス詳細や相性の良いモンスターなどについて考えてみました。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

目次

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


ステータス詳細

火竜・ナツ

属性 副属性 タイプ コスト
攻撃/ドラゴン 38
レベル HP 攻撃 回復
最大 99 4033 2155 113
プラス +99 5023 2650 410

火竜・ナツ


スキル「運命なんか焼き消してやる!!!!」 スキルレベル最大時
1ターンの間、属性吸収を無効化する。ランダムで火ドロップを5個生成。 16ターン
リーダースキル「火竜の鉄拳」
攻撃とドラゴンタイプの攻撃力と回復力が2.5倍。5コンボ以上でダメージを軽減、攻撃力が2.5倍。
覚醒スキル
火ドロップ強化 火ドロップ強化

火ドロップ強化 火ドロップ強化

火ドロップ強化 火ドロップ強化

火ドロップ強化 火ドロップ強化

スキルブースト スキルブースト

操作時間延長 操作時間延長

封印耐性 封印耐性

コンボ強化 コンボ強化

コンボ強化 コンボ強化

ここに注目!

ナツの注目ポイントは「スキル」でしょう。
「ノアドラ」や「シールドナイト」などの属性吸収を無視して、ダメージを吸収されることなく与えることができます。

また、スキルは属性吸収を無効化するだけでなく、火ドロップを生成できます。
覚醒スキルで高い火力も期待できるので、吸収無効の間に敵を確実に倒すことができますよ。

しかし、属性吸収はパーティでの対策が簡単なので、「必須スキル」ということにはならないでしょう。

リーダーとして使うなら?

5コンボから攻撃力に倍率がかかるので、パズルが苦手な人にも使いやすいリーダースキルですよ。
しかし、覚醒スキルの「コンボ強化」が発動する『7コンボ』からなので、少し練習は必要になりそうです。

また、軽減も5コンボという少ないコンボ数からかかるため、火ドロップを組んで攻撃しなくとも耐久が可能です。
回復力も2.5倍と十分にあるので、耐久力は高いと言えます。

おすすめの覚醒バッジ
バインド耐性 バインド耐性 HP HP

おすすめのサブ

攻撃とドラゴンタイプのモンスターに高い倍率がかかるリーダースキルなので、バインドにかかると厳しい戦いになりがちです。

火関羽」「ミツキ」などのバインド回復スキルや、「ロズエル」などのバインド回復の覚醒スキルを持ったモンスターを編成しましょう。
また、耐久力は十分にあるので、「バインド耐性バッジ」をつけてバインドが解けるまで耐久することもできますよ。

奮起の忠義神・関羽

燎火の天狐・ミツキ

ナツ本人だけは「コンボ強化」が2個あるため気にならないのですが、攻撃倍率が最大で『6.25倍』と少し低めです。
フレイ」「酒呑童子」などのエンハンスを編成すると、ボスなどの高HPが相手でも安心ですよ。

また、パーティ全体のタイプが1つに偏っている場合は、「バルディン」や「ニム」などのタイプエンハンスもオススメです。

転生フレイ

酒吞童子

バインドと火力の対策ができれば、残りの枠にはタイプさえ合っていれば自由に編成できます。
ツバキ」「エルドラ」などのドロップ変換や、「ナポレオン」「ヴァレン」などの軽減、「曹操」「ゼウスヴァルカン」などの威嚇スキルをダンジョンに合わせて連れて行きましょう。

歴戦の皇帝・ナポレオン

覚醒ゼウス・ヴァルカン

サブとして使うなら?

パーティの火力を上げてくれる覚醒スキルを複数持っているので、多くの火属性パーティで活躍が期待できます。
覚醒スキルに「コンボ強化」を持っていることから、コンボを組みやすい「ベジット」や「クリシュナ」などのパーティに編成すると良いですね。

最強戦士・超ベジット

灼天の勇将神・クリシュナ

しかし、火属性パーティにナツを編成して属性吸収を対策するのであれば、違うパーティでそのダンジョンに挑んだ方が良い場合もあります。
その点を考えると、サブに直接編成するよりもアシストとしての活躍が多そうです。


こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!