【iOS 10.3不具合】iCloudの設定が変更されるバグと対処法

【iOS 10.3不具合】iCloudの設定が変更されるバグと対処法


Appleによると『iOS 10.3』にアップデートした一部のiPhone・iPadで、iCloudの設定が勝手に変更されてしまう不具合が起きています。

どう対処すればよいのかをご紹介します。

こちらもご覧ください。
『iOS 10.3.1』の気になる変更点まとめ

iOS 10.3に更新するとiCloudの設定が勝手に変わる

iOS 10.3にアップデートすることで、iCloudと同期しないよう「オフ」にしていた項目が「オン」になってしまう不具合が見つかりました。

【iOS 10.3不具合】iCloudの設定が変更されるバグと対処法


ウェブサイト『Mac Rumors』は、iCloudメールをオフにしていたデバイスをiOS 10.3にアップデートしたところオンになってしまった事例がある、と報じています。

iOS 10.3にアップデートしたすべてのiPhone・iPadで起きている問題ではなく、Appleは「少数のiCloudユーザーに影響を与える問題」としています。

さらにMac Rumorsによると、iCloudフォトライブラリ・iCloudキーチェーン・「iPhoneを探す」をオフにしている場合、これらが勝手にオンになることはない、とAppleはコメントを発表しているそうです。

バグはiOS 10.3.1で修正済み

このバグは先日公開された『iOS 10.3.1』で修正されている、とするAppleのコメントもMac Rumorsは伝えています。

まだiOS 10.3にアップデートしていない場合、iOS 10.3.1に直接アップデートすれば、このバグの影響を受けずに済みます。

iOS 10.3でiCloudの設定を確認する方法

設定アプリを開きます。

【iOS 10.3不具合】iCloudの設定が変更されるバグと対処法


設定アプリのページの一番上にある、プロフィールをタップ。【iCloud】で設定を確認できます。

【iOS 10.3不具合】iCloudの設定が変更されるバグと対処法


iCloudと連携するサービス・アプリの項目でオフにしたはずなのに、オンになっているものがないかを確認しましょう。オンになっていたらオフに戻してください。

参考

Apple Warns iCloud Users Some Disabled Services Were Accidentally Re-enabled in iOS 10.3 – Mac Rumors

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 1.1.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!