【ガチンコ】AppBank vs 戦艦ストライク運営がバトル! 戦闘のちょっとしたコツもお届け! [PR]

senkan_strike_pr - top


JoyTea Games.

大海原を戦艦で駆け巡りバトルできる本格3D海戦シューティングゲーム『戦艦ストライク』。

最大6vs6で対戦できることが売りの本作ですが、配信前にAppBank vs 運営の人で6vs6のバトルをしました!
公式Twitterで、どちらが勝つかを予想してもらい、見事的中した人には抽選で総額50万円のAmazonギフト券をプレゼントする企画をしていたのですが、果たしてどちらが勝ったのか、この記事で発表したいと思います!

それに加え、『戦艦ストライク』のバトルのコツもお教えしちゃいますよ!

※ゲーム画面はすべて開発途中のものとなります。


AppBank vs 運営 炎の三本勝負!!

AppBankの動画でよく見るメンバー vs 戦艦ストライク運営チームで、オンライン対戦を実施!

senkan_strike_pr - 1


戦艦ストライクの公式Twitterで、どちらのチームが勝つか予想をして、正解した人の中から抽選で100名に総額50万円のAmazonギフト券をプレゼントする企画をしたのですが、果たして勝利を掴んだのはどちらだったのでしょうか?

勝負の模様をザックリと紹介していきます。

第一回戦

「1を狙って1!」「4はどうっすか?」みたいに話し合いながらみんなで同じ敵を狙っていきます。
ちょいちょい「地雷が!地雷が!」と言っている人がいますが、地雷ではなく「魚雷」です。

senkan_strike_pr - 2


6vs6という大人数で戦うため、敵艦とぶつかるシーンもありましたよ。

senkan_strike_pr - 3


一回戦の結果は3:7で運営の勝利。
「2回やられたの誰?」という質問に対して3人も手を上げていたのには驚き。

senkan_strike_pr - 4


第二回戦

一回戦でAppBank勢が弱すぎることがバレたため、運営側が艦艇のグレードを下げてきました。
いわゆる舐めプってやつですね。

senkan_strike_pr - 5


二回戦では、「もしかしたらこの人は倒しやすいんじゃないか」と思う人たちを狙い撃つ戦法に変えて戦っていきます。

senkan_strike_pr - 6


結果は7:4でAppBankの勝利。
相手に明らかなハンデをもらっての勝利です。

senkan_strike_pr - 7


これで一勝一敗。次の戦いで勝敗がつきます。

第三回戦

そして三回戦目。
始まる前から「勝ったほうが勝者」という迷言がマックスむらいから飛び出します。
・・・なんだかイヤな予感。

senkan_strike_pr - 8


「相手を自分たちのゾーンへ引き込んで倒していこう!」などと言っていたら、逆に攻め込まれすぎてボコボコに。

senkan_strike_pr - 9


気がつくと戦いは終わり、2:14という圧倒的大敗を喫しました。

senkan_strike_pr - 19


勝者・戦艦ストライク運営チーム

というわけで、勝ったのは運営チームでした。
AppBankが勝つと予想していたみなさん、すみませんでしたぁ!

senkan_strike_pr - 11


6人がワイワイガチャガチャしながら戦う様子は、以下の動画ですべて見られます!

▼下のボタンから今すぐダウンロード▼

覚えておきたい戦闘のコツ

今回、筆者もゲームを遊ばせてもらったのですが、何度か遊んでいるうちに「こうすれば勝率が上がるのではないか」と感じた“戦闘のコツ”のようなものを紹介します。

撃つときは敵艦の少し先を狙う

敵艦を撃つとき、お互いが止まっている状態ならともかく、基本的には動いている最中に狙うことになります。
『戦艦ストライク』では発射ボタンを押してから着弾するまで時間差があるため、狙ったタイミングで敵艦がいる場所に撃つと、弾を外してしまう可能性があります。
なので、撃つときは敵艦の進行方向の少し先を狙うようにしましょう。

双眼鏡マークをタップすると照準モードに切り替わるので狙いやすくなります。

senkan_strike_pr - 12


この画像だと敵艦は左に向かって進んでいるので、敵艦よりも少し左側を狙って撃ちます。

senkan_strike_pr - 13


見事着弾!

senkan_strike_pr - 14


敵艦を狙うときは進行方向の少し先を忘れないようにしましょう。

敵にはなるべく真横を見せないように

敵艦からの攻撃を少しでも減らすために、なるべく真横を見せないようにしましょう。
戦艦は縦長の形をしているので、横から見ると攻撃できる範囲がかなり大きくなってしまうからです。

例えば、こちらがほぼ正面から見た敵艦の様子。
狙える範囲はかなり小さいですよね。

senkan_strike_pr - 15


そしてこちらが横から見た敵艦の様子。
どこに進んでいるかも丸わかりなので、前述した「少し先を狙う」ことをすれば簡単に当てられそうです。

senkan_strike_pr - 16


自分が相手をこのように見えるということは、同じように相手からも見られているということです。
敵艦の位置を把握し、真横はなるべく見せないように立ち回りましょう。

左上のマップで位置確認はこまめに

敵艦の把握に大事なのが、左上に表示されているミニマップ。
敵味方の向いている方向や、自分の視界範囲などが表示されています。

senkan_strike_pr - 17


白い点線の円が自分の攻撃範囲となっていて、敵艦が見えていてもこの範囲内にいないと攻撃は届きません。
船は野球のホームベースのような五角形になっていて、尖っている部分が船の前方になっています。敵艦の進行方向の目安になりますよ。

senkan_strike_pr - 18


ミニマップを見ることはかなり重要で、とくに双眼鏡をタップして狙い撃ちしているときに、ほかの敵艦から攻撃されたり、味方や島にぶつかって動けなくなったりを避けられる可能性が高くなります。
自分ひとりだけ突っ込みすぎて敵から狙い撃ちされたり、逆に孤立した敵艦を狙ったりと戦況を把握することは勝敗に大きく関わってきます。
ミニマップは常に見るクセをつけておきましょう。

これらのコツを覚えておけば、勝率は上がるはずです!
さぁ、皆さんも今すぐ、下のボタンから大海原の戦場へと旅立ちましょう!

▼下のボタンから今すぐダウンロード▼
戦艦ストライク ・販売元: JoyTea Games Technology Inc., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 234.3 MB
・バージョン: 1.5.4
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!