【パズドラ】冥界をも司る豊穣の神! セレスのキャラクター考察

セレスのキャラクター考察


パズドラのキャラクターの歴史での設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回は西洋神第1弾の「セレス」を紹介します。

神話でのエピソードや、パズドラでのイラストなど。
セレスについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

攻略記事一覧 → パズドラ攻略
最新ニュース・ネタ記事一覧 → パズドラ


セレス

セレス


モンスターデータはこちら

豊穣神・ホーリーセレス

豊穣神・イービルセレス

転生セレス

神話では・・・

セレスは地域によって呼び方が異なり、ラテン語では「ケレース」、英語では「シアリーズ」「シーリーズ」と呼ばれています。これは単に「Ceres」の読み方の違いであって、別の神を示しているわけではないそうです。

セレスは「豊穣神」、地母神、地下神とされています。
特に農業の中の「穀物の収穫」を司る神とされているため、英語の穀物「シリアル(Cereal)」の語源になっているとも言われているんだとか。
また、同じく穀物からできている「ビール」を意味する「Cerveza(スペイン語)」「Cerveja(ポルトガル語)」の語源になったともされています。

しかし、そんなセレスですが、実はあまり本来の性格についてはあまりわかっていないんだとか。
というのも、古くからギリシア神話の豊穣神「デメテル」と同一視されていたために、セレス自体の神話がほとんどないんだそうです。

冥界の神?

セレスは地母神とされていることもあり、大地の女神としても有名です。
また、死後の世界ともされる冥界は地下の存在と考えられていました。
そのためか、大地の一部である「冥界」の神ともされているんだとか。

死人を出した家では、冥界の神としてのセレスに供物を捧げたのだそう。
そうすることで、死の穢れを祓うことができるとされているそうですよ。

その行いは祝祭「ケレーアーリア(Cerealia)」と呼ばれ、古くは4/19に行われていたそう。
時が経った紀元前3世紀末以降には、4/12から8日間にわたって執り行われたのだそうです。
その8日間の中、4/15は「大地母神の祝祭」ともされていて、このケレーアーリアとの関係は深いのだとか。

パズドラでのセレスは?

豊穣神」であったことから、パズドラでも名前に「豊穣神」と付けられていますね。
また、主属性も「木」と豊穣の神にふさわしい属性ではないでしょうか?

豊穣神


究極・覚醒進化後のイラストを見てみると、麦のようなものが描かれています。
穀物の収穫」を司る神とされていたことから、穀物の中でも有名な麦が描かれたのかも?

ムギバタケー


詳しいステータスを確認しよう

「セレス」のHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

豊穣神・ホーリーセレス

豊穣神・イービルセレス

転生セレス

pzdb


注目記事一覧


パズドラくん パズドラくん(@pdkun
豊穣、冥界の神と言っても、神話は少ない・・・。
セレスさんの豊穣で神話も豊作にならないのかしら()

こちらもあわせてどうぞ
パズドラ 究極攻略データベース

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 64.2 MB
・バージョン: 3.7.4

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!