リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】

スクウェア・エニックスが2018年2月15日に発売するPS4/PS Vita/Steam用アクションRPG『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』の最新情報が東京ゲームショウ2017で公開されました。

リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


この記事では、9月24日(日)に行われた「『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』TGS2017スペシャルステージ」で発表された情報をまとめてお届けします。

副題『シークレット オブ マナ』がついた理由は?

プリムとポポイの担当声優を決めた経緯

スペシャルステージにポポイ役の声優・加藤英美里さんとプリム役の山本希望さんが出演しました。

2人にボイスをお願いした経緯について小山田将プロデューサーは、『LORD of VERMILION』シリーズの『聖剣伝説2』コラボで山本さんにプリムを演じてもらったのがきっかけで、すでにプリムのイメージが山本さんに固まっていたため続けてお願いしたそうです。

一方ポポイは、小生意気なキャラクターではあるもののプレイヤーからは憎らしく思われてほしくなかったため、ディレクターと相談して加藤さんならばとお願いすることになったそうです。

『聖剣伝説』の歴史を振り返る

オープニングトークが終わり、まずは『聖剣伝説』の歴史を振り返ることに。ポポイ役の加藤さんは当時小学生だっためシリーズのことはよく知っており、ゲーム雑誌を熟読して『聖剣伝説』の情報を食い入るように読んでいたそうです。

プリム役の山本さんは、発売当時は4〜5歳だったため触っていなかったそうで、友だちのお兄さんなどはプリムを演じることになって喜んでくれたとのこと。

リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


『ファイナルファンタジー』の外伝として発売された『聖剣伝説』。アクションRPGとして誕生し、その要素が現在でも受け継がれています。初期はチョコボや飛空艇などが登場し、『FF』色が強くありました。

ステージでは単三電池4本を使用したり、灰色の部分がだんだん黄ばんでいくゲームボーイの話題で盛り上がっていました。

リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


『2』からは『聖剣』シリーズという1つのブランドとして、独自の世界観を描いています。生みの親である石井浩一さんはラビやフラミー、『FF』のチョコボやモーグリのデザインを担当されたことでも有名です。

リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


1作目をPS Vita向けにリメイクした際に、ワールドワイドで「『2』をリメイクしないのか?」と多くの問い合わせがあり、今回のリメイクにつながったそうです。

ここで山本さんから、「なんで『シークレット オブ マナ』という副題がついているんですか?」と質問が。

小山田プロデューサーによると、1作目は海外で『Final Fantasy Adventure』として売られており、『2』は『SECRET of MANA』だったとのこと。

今回のリメイク版は全世界同時発売となるため、世界で認知されている『シークレット オブ マナ』を副題としてつけることが決定したそうです。

登場キャラの新規イラストと担当声優が公開

まだ公開されていない登場キャラクターのイラストと担当声優が初めて公開されました。公式サイトではすでにボイスを聞くこともできます。

▼ジェマ(声:津田英三さん)、ルサ・ルカ(声:釘宮理恵さん)
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


ジェマはタスマニカ共和国の騎士。世界からマナが減少する原因と対策を探すべく、世界中を旅しています。マナや世界に関する様々な情報をランディたちに教え、導いてくれる存在です。

ルサ・ルカはマナの樹の種子を奉る水の神殿の巫女。水の流れを通じて、世界のあらゆる出来事を知ることができます。

▼ディラック(声:佐藤拓也さん)
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


パンドーラ国の騎士。キッポ村の出身でプリムの恋人。プリムの父が一兵士である彼の身分を快く思っていなかったため、策略により魔女討伐に向かわされてしまいます。

▼ヴァンドール(声:小野健一さん)
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


ヴァンドール帝国の皇帝。15年前、タスマニカ共和国との戦争で魔界と契約し、強大な力を得ました。世界征服のために四天王を率いて、マナの要塞の復活を企てています。

▼ヴァンドール四天王。左からシーク(声:手塚ヒロミチさん)、ファウナッハ(声:園崎未恵さん)、タナトス(声:中田譲治さん)、ゲシュタール(声:石狩勇気さん)。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


実機プレイで原作からの変更点が判明

ステージでは、ランディが水の神殿にたどり着いた後の進行度で実機プレイが披露されました。

▼グラフィックは全面3Dにリメイクされています。右上にはフィールドマップの表示が。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


▼ニキータの店。全面フルボイスなので、ニキータにも声がついていました! 冒険の合間に幕間エピソードが追加され、原作では描ききれなかったストーリーを補完しているそうです。もちろんここのシーンもフルボイスです。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


宿屋のセーブ以外にもオートセーブが採用されているため、自由にプレイを中断できます。また、トロフィーも用意されているとのこと。

▼ゴブリンに捕まり生贄にされてしまうシーン。ゴブリンにもボイスが用意されています。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


▼キャラクターの掛け合いは幕間エピソードを踏襲した演出に。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


▼ランディの顔アイコン付近にあるパワーゲージが100%になってから攻撃すると、ダメージがアップ。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


▼装備変更画面でキャラクターのパラメータを確認できます。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


オフラインマルチプレイも公開されました。原作を再現しているため、オンラインマルチが実装される予定はないそうです。

▼マルチプレイは四季の森のモーグリ村からスタート。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


▼魔法を使っている間、ほかのキャラクターが止まらなくなっていることが判明しました。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


特典情報

▼PS Store特典。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


▼e-STORE特典。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


▼Amazon.co.jp特典。中身はリメイク版のものですが、縦長の解説書など当時を思い出すデザインになっています。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


▼コレクターズエディション。
リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


リメイク版『聖剣伝説2』の実機プレイで新規要素が公開【TGS2017】


TGS関連情報はこちら

TGS特集ページ

▼AppBankが読みやすくなるアプリが配信中!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 64.7 MB
・バージョン: 2.0.5

© 1993,2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!