【iOS11】バッテリーの持ちが悪い時に試したい小技

【iOS11】バッテリーの持ちが悪い時に試したい小技


『iOS 11』にアップデートしてから、iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなった。そう感じている方は少なくないかもしれません。

強制再起動を試してみよう

iPhoneの強制再起動を行うと、バッテリーの持ちが改善されるかもしれません。

まず、強制再起動する前にデータを保存しましょう。

強制再起動を行うと、保存していないデータは消える恐れがあります。ホームボタンを2回連続して押し、表示されるアプリを1つずつ確認していきましょう。

確認を終えたら、強制再起動を行います。

画面にAppleロゴが表示されるまで、『iPhone 6s』までの機種では電源(ロック)ボタンとホームボタンを同時押し、『iPhone 7』では電源ボタンと音量を下げるボタンを同時押しします。

『iPhone 8』では以下の順番で操作を行います。

  1. 音量を上げるボタンを押して、すぐ放す
  2. 音量を下げるボタンを押して、すぐ放す
  3. Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを長押しする

強制再起動で効果があるのか?

強制再起動に効果があるとは限りません。

バッテリーの持ちが悪くなった原因がiOS 11で起きている不具合で、強制再起動によって処理が一旦リセットできれば、効果があると考えられます。

一方で、iOS 11が必要とする処理能力が『iOS 10.3.3』より高く、消費する電力がiOS 10時代より多い可能性もあるので、強制再起動では解決には至らないかもしれません。

参考

Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 110.5 MB
・バージョン: 1.2

iOS 11関連情報はこちら!

ついに正式リリースされた『iOS 11』。最新の情報はこちらでご覧いただけます。
iOS 11の最新情報

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!