【パズドラ】恋せし冥界の神! ハーデスのキャラクター考察

ハーデスのキャラクター考察


パズドラのキャラクターの歴史での設定や由来を知って、キャラクターにもっと愛着を持ってみましょう。今回は西洋神第1弾の「ハーデス」を紹介します。

神話でのエピソードや、パズドラでのイラストなど。ハーデスについて色々触れてみました。

※ライターによる考察です。公式発表された設定・情報ではありませんのでご了承ください。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


ハーデス

ハーデス


モンスターデータはこちら

冥界神・アークハーデス

冥界神・インフェルノハーデス

転生ハーデス

神話では・・・

ハーデスは「冥府の神」「地下の神」と言われており、象徴として豊穣の角、水仙、糸杉があてられます。
また、作物が地中から芽を出し育つことから、「豊穣神」として崇められるようになったそうです。

ハーデスが生まれた直後、「生まれた子に権力を奪われる」という予言を受けていた実の父「クロノス」に飲み込まれたのだそう。
その後、弟のゼウスに助けられ、共に父親を撃破。勝利の後、ゼウスやポセイドンとのくじ引きで「冥府」と「地底」という領地を手に入れたとされています。
そこから「冥府の神」と呼ばれるようになったんですね。

また、ハーデスはゼウス、ポセイドンに次ぐ実力者とされています。
しかし、ゼウス、ポセイドンたちが所属する「オリュンポス12神」からは外されているのだそう。
ハーデスが冥界の神であったことから、地上の神とは違う存在とされていたのが理由なんだとか。

ペルセポネとの恋

ハーデスは「ペルセポネ」の夫としても知られています。
ハーデスについて書かれているギリシア神話では、ペルセポネとの恋物語も描かれていますよ。

ある日、ハーデスが地上を見上げると、花を摘んでいたペルセポネが映ります。そのペルセポネの美しさにハーデスは一目惚れ。
アプローチの仕方に悩んだハーデスは、ペルセポネの父「ゼウス」に許可を得てペルセポネを冥界へ誘拐。
しかし、ペルセポネがあまりに母と地上が恋しがったので、しばらく結婚についての話は進められませんでした。

後に、ペルセポネは地上に帰還することが決まります。しかし、離れるのが辛いハーデスは、冥界の決まりを上手く使い、1年の3分の1を冥界で過ごすように約束を取り付けました。
この3分の1の期間は地上に農耕の女神ペルセポネがいないことから、植物が枯れる季節『冬』が生まれたとされています。
つまり、ハーデスの恋が今の四季を作り出したということになりますね。

パズドラでのハーデスは?

パズドラでのハーデスも「冥界の神」として描かれています。
属性は冥界から連想される「闇属性」が選ばれていますね。

冥界神


また、転生ハーデスのイラストには「ペルセポネ」が描かれています。
ハーデスが「ペルセポネ」の夫であることから、一緒に描かれているんですね。

ハーデスの横には妻のペルセポネ


詳しいステータスを確認しよう

「ハーデス」のHPや攻撃力などの詳しいステータスは、パズドラ究極攻略データベースで今すぐチェックしましょう!

冥界神・アークハーデス

冥界神・インフェルノハーデス

転生ハーデス

pzdb


注目記事一覧

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


パズドラくん パズドラくん(@pdkun
アプローチの仕方に悩むハーデス様かわいい。

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 99.9 MB
・バージョン: 4.0.4

この記事も見られてます

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!