【パズドラ攻略】闇ルーツ 評価・考察

wofe


この記事は、「獄翼の龍帝王・シェリアス=ルーツ」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ


ステータス詳細

獄翼の龍帝王・シェリアス=ルーツ

属性 副属性 タイプ コスト
ドラゴン/悪魔 70
HP 攻撃 回復
最大Lv99 4,018 1,907 298
各+99 5,008 2,402 595

3894


スキル「オールドロップフォース」 Lv.最大
敵1体に999の固定ダメージ。全ドロップを5属性+回復ドロップに変化。 8ターン
リーダースキル「リーダースキル」
ドラゴンと悪魔タイプの攻撃力が3倍、回復力は1.5倍。5コンボ以上で攻撃力が上昇、最大5倍。
覚醒スキル
スキルブースト 封印耐性 操作時間延長 操作時間延長 2体攻撃
スキルブースト ガードブレイク

ドラゴンキラー 神キラー
付けられる潜在キラー
神キラー マシンキラー 回復キラー

リーダー評価

適性 LS系統 攻撃/回復 倍率

最大攻撃倍率は225倍

闇ルーツはリーダー・フレンドで編成すると5コンボから倍率が掛かり、8コンボで最大「225倍」の高火力を出すことが出来ます。最大攻撃倍率が出る条件として、ドラゴンか悪魔タイプを持つ必要があるのでサブのタイプは揃えたいところ。また、闇ルーツはコンボ系統のリーダーなので、属性に縛られないところも強みと言えます。

5コンボ 6コンボ 7コンボ 8コンボ
2倍 3倍 4倍 5倍

復帰しやすいリーダー

闇ルーツはドラゴンか悪魔タイプなら、回復力が「1.5倍」になるというリーダースキルを持ちます。そのため、サブをドラゴンか悪魔タイプで揃えることを意識してパーティ編成すれば、復帰しやすいパーティを組むことが出来ます。また、フレンドにハロウィングランのようにHP倍率の掛かるモンスターを選択すれば、復帰しやすく耐久力もあるパーティになるのでオススメです。

サブ評価

適性 スキル系統 6色陣・固定ダメ

覚醒スキルが優秀

闇ルーツの覚醒スキルはパーティに欠かせない封印耐性や、強力なドラゴン/神キラーを持つのでどのようなパーティでも活躍できるモンスターでしょう。また、ガードブレイクを持つので、サブに編成するなら多色パがオススメです。しかし、多色パでなくても属性さえ揃えばガードブレイクは発動できるため、全属性を揃えたコンボパや2対攻撃パなど、編成の幅は広いと言えます。

スキルを有効的に使おう

闇ルーツのスキルは敵1体に999の固定ダメージを与え、盤面を6色に変換できる陣を持ちます。そのため、1体だけですが高防御を持つモンスター対策ができ、同時に陣を生成できるため非常に優秀なモンスターと言えるでしょう。陣のために編成するのはもちろん、固定ダメージのためにアシストやサブに編成することもできるので編成自由度は高いと言えます。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 6色陣を持つので遅延対策はしておきたい。
攻撃強化 キラーとの相性が良くさらに火力を上げられる。
神キラー 神キラーを重ねて超火力を出すことも可能。

おすすめの覚醒バッジ

闇ルーツはバインド耐性を持たないので「バインドバッジ」で対策するか、サブにバインド回復持ちを入れましょう。また、コンボをすることで倍率が上昇するので「操作時間延長バッジ」を付ければパズルを組みやすくなります。
回復力に倍率が掛かるので「HP強化バッジ」を付けて耐久力を上げるのも良いでしょう。

覚醒バッジ一覧
バインド耐性 操作時間延長 HP

総合評価

リーダー・サブで使おう

闇ルーツはリーダーで使う場合、倍率の掛かるドラゴンか悪魔タイプを持つモンスターをサブに編成しましょう。また、コンボパなので、7×6盤面を持つフレンドを選択するのもあり。高倍率を出すだけならフレンドも闇ルーツで良いですが、耐久力を上げたいのならHP倍率の掛かるモンスターを選択するのがオススメです。
また、覚醒スキルにガードブレイクやドラゴン/神キラーを持つので、サブとしても優秀なモンスターです。スキルを利用した固定ダメージ要員としての編成や、多色パの陣役として活躍することができるでしょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 99.9 MB
・バージョン: 4.0.4
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!