最大8人のマルチプレイが楽しめる『バトブレ』はソロプレイでやり込むのも楽しい!

スクウェア・エニックスから配信中の『バトル オブ ブレイド(以下、『バトブレ』)』。『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』や、『ロマンシング サ・ガ』、『ヴァルキリープロファイル』など、スクウェア・エニックスの名作からさまざまな武器が登場することで話題の本作! ここでは、ライター カワチのインプレッション記事をお届けしていきます。

01-2


リアルタイム同期通信による4人対4人、最大8人によるマルチプレイが楽しめる本作ですが、自分が注目したのはソロプレイのシナリオ! じつは『あやかしびと』や『Fate/Apocrypha』で知られる東出祐一郎さんが手掛けているんです。緻密な世界観と魅力的なキャラクターで多くのファンを持つ東出さんですから、ボクのように注目している方も多いハズ。

ということで、今回は世界観やストーリーを中心に魅力をお伝えしていこうと思います!

▼ソロプレイで楽しめるストーリーも用意されています。

02


ゲームはソリトゥスという英雄がたったひとりで悪と戦っている描写から始まります。そのプロローグが終わると、壮大な冒険を予感させるオープニングに!

▼はたして彼の正体は……? 物語が進めば明かされるのでしょうか。

03


▼実際にソリトゥスを操作することができます。かなり能力が高く、彼が実力者であることがわかります。

04


▼「これぞ王道ファンタジー!」と思わせてくれるワクワク感! スクウェア・エニックスらしさを感じられますね。

05


オープニングが終わると、主人公が妖精の少女に起こされるシーンに。記憶喪失になっている主人公は、この世界が「スィーリオ」と呼ばれていること、自分のいる大陸が木と森の大地「グラスランド」であることが教えられます。

▼3Dモデルのクオリティは高く、表情も豊かです。

06


この世界には“刃晶”が存在しており、破壊することで魔力の塊や武器になることが判明。しかし、これらは“ヒーロー”でないと破壊できないそうです。

その後、“刃晶”につられてやってきた邪悪な存在“ダークネス”に囲まれる主人公。「ここで主人公が能力に目覚めるのかな?」 と予想しましたが、攻撃がまったく効きません。なんと別の人物が現れて主人公を手助けします。そう。本作では主人公は敵と戦うヒーローじゃないんです!

▼ヒーローに助けられる主人公。

07


本作の主人公はヒーローたちを指示する指揮官のような役目を担っています。これはシステムと絡みあっておもしろいですね。プレイヤーとしては好きなキャラクターを操作したいし、主人公にもちゃんと見せ場や役割が欲しい。その願いをしっかり叶えてくれています。

▼彼が指揮することになる新しいヒーローは召喚で入手することもできます。

08


▼メインのキャラクター以外にも多彩なヒーローが登場します。

09


新人ヒーローであるアレンとセリシアと出会った主人公は、この世界について説明を受けます。ちなみに猪突猛進なアレンと世話焼き女房なセリシアはいいコンビで見ていて微笑ましいです。

▼ヒーローの役割について解説してくれるふたり。

10


▼主人公はダークネスと戦う力はありませんが、ダークネスが集まる“刃晶”を一瞬で昇華させる能力を持っています。

11


その後は兄貴分であるジェラルドとベテランのヒーロー・オーバルージュが登場して、アレンやセリシアと同様に主人公の仲間に。彼らは各地の“刃晶”を昇華させながら失った主人公の記憶を探ることになります。

▼頼りになるものの、どこか天然気味なジェラルド。

12


▼オーバルージュは頼りになるベテランです。

13


はたして主人公の正体はいったいなんなのか。“刃晶”をめぐる戦いはどうなるのか。この先のストーリーも必見です! マルチプレイが注目されている本作ですが、ソロプレイもガッツリ楽しめる内容になっているので、ぜひチェックしてみてください!

▼ヒーローたちが神器を奪い合う世界。はたして主人公たちはこの戦いに勝ち抜けることができるのでしょうかか。

14


▼ネタバレになるため多くは語りませんが、第1章中盤あたりから一気に物語が加速し、ゲームの止めどきがなくなります! ぜひプレイしてみてください!!

15


また、メインストーリー以外にも“名声値”を上げることで、各人物の個別エピソードを見ることもできます。バックボーンを知ることで愛着が湧くのでぜひチェックしてみましょう。

▼クエストに連れて行くことで“名声値”が上がっていきます。

16


▼一定以上まで“名声値”が上がればエピソードが開放されます。

17


さて、ここからはシステムについても語っていきましょう。本作はクエストクリア型のアクションゲームですが、さまざまなやり込み要素が用意されています。

▼クエスト中は自由にヒーローを移動させて敵と戦うことが出来ます。

18


バトブレ』で実装されるヒーローには固有のスキルが存在。3つのアクティブスキルと1つのヒーロースキルが設定されています。最初は1つの武器スキルしか使うことはできませんが、マナボードでスキル開放パネルを開放することで使用することができます。

▼マナ結晶を消費して、マナボードでヒーローを強化することができます。好きなパラメーターを上げることができるので、自分好みのユニットに成長させることができるのがうれしいです!

19


▼マナボードを開放していくことでスキル開放できます。

20


▼マナボードはおまかせ開放で一気に開放できるのも便利です。

21


また、ヒーローにはそれぞれロール(得意な役割)が存在します。敵陣に攻め込むアタッカー、味方の回復・支援をするサポーター、防御型のタンク、敵の妨害ができるジャマーの4種類で、タンク型のキャラの場合は耐久の高さを活かして攻撃を引き受けたり占拠してくる敵を止めたりするなど、それぞれで役割が変わってきます。

▼4種類のロールが存在します。

22-2


▼バトル中はワンボタンでスキルを放ったり操作キャラクターを入れ替えたりすることが可能! 簡単な操作で爽快なバトルが楽しめます。

23


▼いちどクリアしたクエストはスキップできるため、ストレスフリーで遊べます。

24


また、武器やアクセサリにもアクションスキルが存在することも。スキルは高レアリティのものに多く存在しますが、低レアリティにも便利なものがあるのでチェックしてみるといいと思います。

▼ヒーローの基本性能が上がるだけでなく、専用のアクションスキルが使えるようになるため、戦略性があります。

25


▼武器やアクセサリもクエストの報酬やガチャでゲットすることができます。こちらもヒーローと同様に強化して強くすることが可能です。

26


と、いったように奥深いストーリーや多彩なやり込み要素が用意された『バトブレ』。ぜひ、みなさんもプレイしてみてはいかがでしょうか?

バトル オブ ブレイド ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 244.3 MB
・バージョン: 1.0.2

© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!