悪魔と一緒にお出かけ! 『D×2』のARモードが楽しすぎる


セガゲームスから配信中の『真・女神転生リベレーション』(以下、『D×2』)。4月下旬のアップデートで「ARモード」が追加されました。

スマホのカメラ機能と連携することでゲーム内の悪魔と写真撮影ができるのですが、使ってみると想像以上に楽しい!

今回は、この「ARモード」のご紹介と、ARモードで撮影した写真をいくつかお届けします。

現実とゲームの世界が融合する「ARモード」

ARモードは「アジト」からか、「悪魔全書」内の悪魔詳細画面から起動することができます。起動時にはチュートリアルが表示されるので、指示に従って操作しましょう。



ARで実際に悪魔を映し出してみると、ゲーム内ではなかなか気付きにくい、悪魔のサイズ感に驚きます。おなじみの「ピクシー」は妖精というだけあって小さいですし、「イナバシロウサギ」はウサギにしてはめちゃくちゃでかいです。

▼事務所内で撮影したイナバシロウサギ。こんなに大きかったなんて!


このサイズは、悪魔ごとに設定されている公式のサイズを忠実に再現しています。なので「トール」や「ギリメカラ」のような悪魔を映し出すと、大きすぎて画面内に収まらないなんてことも。

▼プロメテウス。天井に届きそうなほどの大きさ。


▼カメラを横にすれば横画面で撮影できます。


ちなみに、撮影できる悪魔は現在所有している悪魔のみです。なので、ゲーム内では特に使うつもりがなかった悪魔でも「どのように見えるんだろう?」と気になって、ついつい悪魔合体や交渉で仲魔にしたくなってしまいました。

悪魔と行く、新宿ぶらり旅

このARモードを使ってAppBankの事務所がある新宿の名所をいくつか回ってきました。

▼まずは新宿駅の南側にある高層ビルをバックに撮影。


▼新宿の新名所をリリスさんと一緒に。


▼『D×2』の新宿といえば、な場所でも。メルコムかガキを用意しておけばよかった!


▼神社の赤鳥居。なんとなく雰囲気の合いそうなイヌガミと撮影。


こんな感じで約2時間ほど新宿を歩き回りました。当日はひさびさの快晴で、少し暑いくらいではありましたが、初夏らしい空気の気持ち良さを堪能することができました。

撮影時は「どの悪魔と撮影しようか」と思いを巡らせたり、「あの悪魔を用意しておくべきだった」と後悔したりと、ゲームとはまた違う楽しさを感じられますよ。

みなさんも悪魔とお出かけしてみませんか? おっと、歩きスマホは厳禁ですよ!

D×2 真・女神転生 リベレーション ・販売元: SEGA CORPORATION
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 212.4 MB
・バージョン: 1.2.0

©SEGA/©ATLUS

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!