【OVERHIT】前作『HIT』を超える秘策も公開。開発者が語る長期運営の課題とは?

a01_IMG_0158


ネクソンより配信予定であるスマートフォン向けアプリ『OVERHIT』の先行体験会が、都内某所で開催されました。この場では、ネクソン モバイル事業本部 本部長の「金 起漢(キム キハン)」氏が登壇し、開発するキッカケなどの経緯を発表。開発を担当しているNAT Games「尹 仁聖(ユン インソン)」氏によるローカライズやカルチャライズの内容が公開されました。

HITを超える意味を込めた「OVERHIT」

a04_IMG_0128


まず初めにキム氏が登場。2016年にリリースした、ネクソン×NAT Gamesの第1弾作品のハクスラアクションRPG『HIT』の大成功について話されました。これに対し運営としては、日本特有の文化に対するカルチャライズなどが上手にでき、マーケティングが成功したと感じているとのことです。

a3_IMG_0127


しかし長期運営を行う際に、装備のインフレが進むことが課題として上がっており、常に話し合いがされていました。そんなタイミングで、HITを超える意味を込めて『OVERHIT』プロジェクトが発足されました。

HITの時に生まれた「長期運営」の課題などを考え、今作では最初から日本市場をターゲットとした作品になりました。日本のユーザーがより好む「キャラクターコレクション」と「ターン制コマンドバトル」を作ることが決まり、『OVERHIT』が誕生しました。武器を強化していくと発生する長期運営の課題をクリアするために、武器ではなくキャラクターに対して注力するとのことです。

a05_IMG_0129


日本固有のカルチャライズに注目

a06_IMG_0138


続いて、ユン氏による『OVERHIT』日本固有のカルチャライズについて紹介がされました。「すべてのバトルがここにある」というコンセプトを目指し、開発を行っているとのことです。世界観、キャラクター、グラフィック、バトルの4つに焦点を当て、説明が行われました。

・世界観

複数の世界で構成され、世界観に沿ったキャラクターが登場します。魔法と秩序の世界「グランバース」、機械文明の世界「インダストリア」、神々が住まう世界「天州」、生命の宿り木たる世界「ウルク・ラン」などが存在します。

これら複数の世界で構成される物語の舞台は「ディコネクティア」といいます。世界によって外観や雰囲気が異なるため、旅する楽しみが膨らみそうですね!

・キャラクター

a07_IMG_0136


100体を超えるプレイアブルキャラクターが登場。メインストーリーは豪華声優陣によるフルボイスが実装されています。主要なキャラクターが紹介され、日本版ストーリーでは「ソフィア」が主人公となります。ソフィアとコレットとアッシュの3人が中心となり物語が進みます。

メインシナリオの他に、キャラクター毎にサブシナリオがあります。ランクがR(レア)以上のキャラクターにすべて搭載されているとのこと。キャラクターの個性が知れ、さらに作品が好きになりますね!

・グラフィック

a08_IMG_0140


現在の技術における最高峰の超美麗グラフィックが実現。シナリオ中の動きは3Dグラフィックで表現されていますが、細かい感情グラフィックを表現するために2Dイラストも使用されています。

・バトル

a09_IMG_0141


ターン制バトルを採用。キャラ×属性×陣形の戦略性が楽しめます。バトルではリーダースキルが重要となり、相手に合わせた対策を考える必要があります。また、オート機能と倍速機能も搭載。モバイルに特化した快適なプレイ環境が実現されているとのことです。

a10_IMG_0142


さらに、ソロプレイによる冒険はもちろんのこと、PvPやレイド戦など他のユーザーと共に戦う討伐戦など、多彩なバトルコンテンツもあります。

日本市場に向けたローカライズ、カルチャライズ

a11_IMG_0144


日本版と韓国版ではメインストーリーの内容が全く異なるなど、ローカライズとカルチャライズにはより一層の力を入れているそうです。

・シナリオとキャラクター

a12_IMG_0145


日本向け完全オリジナルの世界観とシナリオとなっています。日本のシナリオライターが対応したそうです。韓国版では敵として登場するが、日本版では味方になっているキャラクターなども存在します。

さらに表情豊かにするために搭載されている2Dイラストは、日本オリジナルとのことです。韓国版では3Dグラフィックだけで表現されますが、日本版ではふんだんに2Dイラストが使われています。キャラクターの詳細画面でも2Dイラストが使われています。また、2Dと3Dのグラフィックが切り替え可能です。

・バトルと育成

a13_IMG_0148


韓国版に比べ、属性とリーダースキルが追加されました。うまく組み合わせ自分だけのパーティーが組めます。成長要素も大きく変更されています。日本版では自由に育成できる「グレードシステム」「アビリティシステム」が追加されています。

前作HITの超えるために数多くの要素が詰まった『OVERHIT』。「期待を超える作品になる」とのことなので、是非ともお楽しみに!!

リリース日が5月29日に決定!!

2018-0518_overhit-1


注目の新作RPG『OVERHIT』は、正式サービス開始が5月29日(水)に決定しました。また、5月19日からはTVCMも放映開始されます。AppBankで公開中の『OVERHIT』の先行プレイ記事も合わせてご覧ください。

また、事前登録もまだまだ受付中です。登録がまだの方は今すぐ事前登録して、サービス開始に備えましょう!

▼TVCMのキャプチャー画像

2018-0518_overhit-6


2018-0518_overhit-7


『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6

© NEXON Korea Corp. & NAT GAMES Co., Ltd. All Rights Reserved.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!